障害者福祉・高齢者福祉・介護保険

令和2年度一般介護予防事業の実施について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、新しい生活様式を取り入れながら事業を実施いたします。
 なお、今後の感染拡大等の状況により実施内容に変更が生じる可能性がありますのでご了承ください。

  新しい生活様式 チラシ
  ※新型コロナウイルス感染症についての情報「新しい生活様式」ページはこちら

げんき活動コース及びげんき活動コースチャレンジデー

 開催にあたり、会場の広さに応じた定員の設定、手洗いや咳エチケットのお願いなどの感染症対策を実施いたします。
 体調や受診歴等によっては参加をお断りすることもありますので、参加時は各事業所へお問い合わせください。
 また、参加前には体温測定や体調確認などを行い、体調がすぐれない場合は無理せず参加を控えてください。

  げんき活動コース・チャレンジデーに参加される皆様へのお願い

活動継続コース及びリハビリ専門職派遣事業

 講師派遣の申込は、地域福祉課で受け付けております。
 講師派遣にあたっては「事業利用にあたってのお願い」をご確認いただき、ご理解とご協力をお願いいたします。

  事業利用にあたってのお願い

  活動継続コースのリーフレット兼申込書

  リハビリ専門職派遣事業のリーフレット兼申込書

 

自宅でできる介護予防に取り組みましょう

  電話での人との交流、散歩や自宅でできる体操など、感染リスクの低い方法で介護予防に取り組みましょう。
  帯広市作成の「オビロビ(有酸素運動の動画)」や「健康ロードマップ帯広(ウォーキングマップ)」を健康推進課で
 配布しているほか、以下からご覧いただくことも可能です。
  また、一般社団法人日本老年医学会では「高齢者として気を付けたいポイント」を、東京大学高齢社会総合研究機構で
 は「おうちえ」を作成・公開していますのでそちらも参考にご覧ください。

  オビロビ(健康推進課)

  健康ロードマップ帯広(健康推進課)

  一般社団法人日本老年医学会「高齢者として気を付けたいポイント」

  東京大学高齢社会総合研究機構「おうちえ」

 

帯広市の一般介護予防事業について

 趣味や運動、文化活動など、自主的に取り組む様々な活動が介護予防につながります。
 運動やその他のプログラムをとおして介護予防の取り組みを実践し、出会った仲間との交流や、継続してさらに楽しく活動すること、地域での活動で自分のできることを増やすことなどを支援します。

一般介護予防のイメージ


  • 利用できる方 65歳以上の帯広市民
  • 内   容
     無理のない運動やレクリエーションの教室に自ら参加することができる「げんき活動コース」と、自主活動の場に活動支援者や専門職の講師を迎えることができる「活動継続コース」と「リハビリ専門職派遣事業」の3種類の内容があります。
     3種類の内容の詳細は以下のとおりです。

 

げんき活動コース 〔介護予防普及啓発事業〕

これから仲間で活動を始めませんか
 地域でいきいきと活動するためのきっかけづくりとして、無理のない運動や体操、レクリエーションなどを行う教室です。
 教室に参加し、教室終了後も仲間と一緒に活動を続けることを目標にしています。


※マスク着用のお願いや会場の定員を設けるなど、感染予防の対策を行いながら実施します。
 皆様のご理解とご協力をお願いします。

【開催期間】  令和2年7月 から 翌年2月 まで
         ※日時は各会場で異なります。各実施事業所へ直接お問合わせください。

【場  所】  市内コミセン、福祉センターなど

【参加時間】  1回当たり90分間

【利用回数】  実施期間中にいずれか1か所の会場で1人12回まで参加可能

【利用料金】  無料

【申込方法】  希望する実施事業所へ直接お申し込みください。

日常生活圏域 実施会場 曜日 開始
時間
実施事業所(申込先)

柏福祉センター

(東10南15)
火曜日 10:00 コムニの里おびひろ
小規模多機能型居宅介護事業所
電話 20-4567

東コミセン

(東7南9)
金曜日 10:00
鉄南

グリーンプラザ

(公園東町3)
月曜日 9:45 歩くデイゆるり
電話 29-8060

鉄南コミセン

(西2南24)
水曜日 9:45
川北

栄福祉センター

(西17北1)
水曜日 10:00 デイサービスセンター
帯広りはびり
電話 29-5515

五条橋福祉センター

(西5南2)
水曜日 10:00
西

柏林台福祉センター

(柏林台南町6)
木曜日 10:00 通所介護事業所
ふるさと
電話 41-8341

緑ヶ丘福祉センター

(西14南17)
金曜日 10:00
広陽
若葉

自由が丘福祉センター

(自由が丘3)
木曜日 10:00 介護員養成研修センター
ふるさと
電話 35-8930

きぼう福祉センター

(西20南5)
金曜日 10:00

西帯広

開西

つつじが丘福祉センター

(西24南3)
火曜日  10:30  ツクイ帯広WOW
電話 20-1562

西福祉センター

(西23南1)
金曜日  10:30 

南コミセン

(西10南34)
月曜日 9:30 ジョイリハ西5条
電話 49-3060

帯広の森コミセン

(空港南町南11)
木曜日 9:30
川西
大正
川西

清川農業センター

(清川町西1)
水曜日 9:30 デイサービスセンター
太陽園
電話 64-5565

広野農業担い手センター

(広野町西2)
水曜日 14:00
大正

大正農業者トレーニングセンター

(大正本町西1)
水曜日 9:30

幸福農業センター

(幸福町東1)
水曜日 14:00

げんき活動コースチラシ【10月改定版】

 


げんき活動コース チャレンジデー

介護予防の活動を始めませんか

 「足腰が弱ってきた」、「出掛けるのが億劫になってきた」など、歳をとっただけと諦めるのはもったいない!
 ご家族やお友達も誘って気軽に介護予防の活動を体験してみたい方は、ぜひご参加ください。

チャレンジデーチラシ【10月改定版】

活動継続コース  〔地域介護予防活動支援事業〕

 「介護予防を広める活動をしている」講師を派遣します

 自主活動団体やサークルの皆様が活動している場に、「介護予防を広める活動」をしている活動支援者を派遣します。
 今後も皆様の活動が継続できるよう、軽運動などの知識や技術を提供します。

【実施期間】  令和2年7月 から  翌年3月 まで

【対 象 者】   以下のすべてに該当する帯広市内で活動している自主活動団体

  • 月1回以上継続して活動している
  • 新規の参加者を受け入れている
  • 介護予防※1につながる活動をしている
    ※1「要介護状態の発生をできる限り防ぐ(遅らせる)こと、そして要介護状態にあっても
    その悪化をできる限り防ぐこと、さらには軽減を目指すこと」

【派遣する講師】(令和2年4月現在※2)

  介護予防を広める活動を行っている個人または団体で、帯広市に活動支援者※2として登録した方
  ※2活動支援者については随時更新をしております。詳細については地域福祉課までお問い合わせください。

【支援内容】

  • 軽運動
  • ふまねっと
  • ディスコン
  • フラダンス
  • 終活、成年後見制度、相続遺言に関する講話

【日  時】  90分間以内
        日時については活動支援者と調整していただきます。

【場  所】  帯広市内の自主活動団体が活動している場所

【利用回数】  1団体につき、実施期間中に3回の利用が可能

【利用料金】  講師の派遣については無料。会場費などは申し込み団体側の負担。

【申込方法】  「活動継続コース申込書1と2」をご記入のうえ、 開催予定日の30日前までに
        地域福祉課の窓口へお持ちいただくかFAXや郵送で下記までお送りください。

【申込み・問合せ先】
   帯広市役所 3階 市民福祉部地域福祉室地域福祉課
   住 所 : 〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
   電 話 : 0155-65-4113
   FAX : 0155-23-0158


活動継続コースのリーフレット兼申込書はこちら

活動継続コース表紙

活動継続コースのリーフレット兼申込書

活動支援者の募集 〔地域介護予防活動支援事業〕

 高齢者の介護予防活動に協力できる人を募集しています。皆さんの趣味や特技を生かして、介護予防の活動支援者になってみませんか。
 年齢、個人、団体は問いません。住民主体の活動が継続できるよう熱意をもって活動ができ、以下の要件のすべてに該当する帯広市民であれば登録が可能です。
 登録された活動支援者は、活動継続コースの講師として高齢者の自主活動団体が活動している場へ出向き、介護予防に関する知識や技術を提供します。

【登録要件】    以下のすべてに該当する帯広市民

  • 様々な心身の状態の高齢者に合わせて運動、趣味、教養、文化、など介護予防に資する分野の支援ができる
  • 5人以上の団体を対象に、1年以上支援した実績がある
  • 政治活動、選挙活動、宗教活動及び営利活動を目的としない
  • 帯広市暴力団排除条例(平成25年条例第29号)第2条第1号から第3号に該当しない

【支援実施期間】 令和2年7月から翌年3月まで

【支援日時】   月曜日から土曜日の9時から17時(90分以内)
         (申し込み団体より活動支援者へ直接連絡があり、日時の詳細を調整していただきます。)

【支援場所】   帯広市内の自主活動団体が活動している場所

【謝  礼】   1回につき1,000円

【申込方法】   「活動支援者登録申請書」をご記入のうえ、 地域福祉課の窓口へお持ちいただくか、
         FAXや郵送で下記までお送りください。

【申込み・問合せ先】
   帯広市役所 3階 市民福祉部地域福祉室地域福祉課
   住 所 : 〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
   電 話 : 0155-65-4113
   FAX : 0155-23-0158


活動支援者登録申請書はこちら

活動支援者登録申請書表紙

活動支援者登録申請書 

リハビリ専門職派遣事業〔地域リハビリテーション活動支援事業〕 

  リハビリ専門職を派遣します

 自主活動団体やサークルの皆様が活動している場に、講師として専門職を派遣します。
 今後も皆様の活動が継続できるよう、栄養やお口の健康、健康づくりに関する知識や技術を提供します。


【実施期間】 令和2年7月 から  翌年3月 まで

【対 象 者】  以下のすべてに該当する帯広市内で活動している自主活動団体

  • 月1回以上継続して活動している
  • 新規の参加者を受け入れている
  • 介護予防※1につながる活動をしている
    ※1「要介護状態の発生をできる限り防ぐ(遅らせる)こと、そして要介護状態にあっても
    その悪化をできる限り防ぐこと、さらには軽減を目指すこと」

【派遣する専門職と講話内容】

  • 栄 養 士

  (バランスの良い食事、フレイルや低栄養を予防する食事について等)

  • 歯科衛生士

  (口や舌の働き、唾液腺マッサージ、口腔体操について等)

  • リハビリ職 ※理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれか

  (転倒予防や生活習慣病予防の体づくり、認知症予防や嚥下機能について等)

【日  時】 月曜日から土曜日 9時から17時(60分)
       (お申し込み後に希望の日程を講師と調整していただきます。)

【場  所】 帯広市内の自主活動団体が活動している場所

【利用回数】 1団体につき、実施期間中に3回の利用が可能(異なる専門職を計3回まで)

【利用料金】 講師の派遣については無料。会場費などは申し込み団体側の負担。

【申込方法】
 「リハビリ専門職派遣事業申込書 1と2」をご記入のうえ、 開催予定日の30日前までに地域福祉課の窓口へお持ちいただくか、 FAXや郵送で下記までお送りください。

【申込み・問合せ先】
   帯広市役所 3階 市民福祉部地域福祉室地域福祉課
   住 所 : 〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
   電 話 : 0155-65-4113
   FAX : 0155-23-0158


リハビリ専門職派遣事業のリーフレット兼申込書はこちら

リハビリ専門職派遣表紙

リハビリ専門職派遣事業のリーフレット兼申込書

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民福祉部地域福祉室地域福祉課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4113
  • FAX:0155-23-0158

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています