新型コロナウイルス感染症についての情報

 

帯広市の対策に関するよくあるお問合せ

 市民の皆さんから寄せられた中から主要なものを掲載しています。


 ※新型コロナウイルス感染症に関するよくあるお問合せはこちら

   ※休業等に対する支援金の給付に関するよくあるお問合せ


新型コロナウイルス感染症対策で市は何を行うのですか?

 帯広市のように市に保健所が設置されていない市町村では、国や北海道と役割分担をしながら、関係機関などとも連携して必要な対策を行なってきています。今後も事態の推移を見ながら、市の対策本部において、さまざまな観点から対応を協議し、速やかに対策を講じていきます。
 なお、それぞれの役割は次のとおりです。

【国】
緊急事態宣言の発令、総合的な対策(基本対処方針)の作成と推進、全国の医療体制の全体調整、企業や国民に対する経済的な支援 など
【北海道】
対処方針の作成と推進、感染拡大の対策全般、PCR検査実施や感染者への医療提供、道内の医療体制の整備、独自の経済対策の実施、各種対策実施の際の市町村との調整、(緊急事態措置対象地域の場合)措置の検討と実施 など
【帯広市】
国や道の対策と一体となった対応の検討や実施、市内での感染症対策実施や市民への周知啓発 など


帯広市で感染者が発生したときの対応は?

 帯広市では保健所を管轄していないため、感染者が発生した場合は、北海道が感染症法に則り、一人ひとりについて、公衆衛生上の必要性を判断して情報を公表するとともに、市町村に対して必要な情報提供を行います。
 本人の同意が前提ですが、北海道では特定の個人や場所などが特定されうる情報以外は公表していく方針であり、市としても、提供された情報については個人情報保護の観点に留意しながら公表する考えです。

 他地域では、感染者が発生したという「うわさ」によって誹謗中傷を受けている方もいるため、市民の皆さんには、公的な機関からの正しい情報をもとに冷静な行動をお願いします。


PCR検査はどのくらい行われていますか?

 PCR検査は、ウイルスに感染しているかどうかを確認する検査で、診察した医師と北海道が必要性を判断して行います。
 医師は患者を診察した際、呼吸器や全身症状の有無や程度に加え、体温やCT検査などの結果を総合的に考慮して、感染の疑いがあるかどうかを判断します。
 医師が感染を疑う場合、道立帯広保健所と相談を行い、最終的にPCR検査を実施するかを決めています。

 現在、帯広市内で医師が必要だと判断した場合は、全て検査を行っていると保健所より情報提供を受けています。(毎週、十勝総合振興局での検査実施数が公表されています)


もし感染してしまったら、どのような対応が取られますか?

 感染が判明した場合の対応は、次のとおりです。これは、あくまで一般的な対応のため、個々の状況によって対応は変わります。

  1. 気になる症状がある場合、帰国者・接触者相談センターかかかりつけ医に相談する。
  2. 診察の結果、医師の判断によりPCR検査が実施される。
  3. 検査結果が「陽性」と判定される。
  4. 原則、医療機関に入院し、治療を受けたり療養する。
  5. 道立帯広保健所より、濃厚接触者に関する調査を受ける。(入院前の場合もある)
  6. 症状が無くなり既定の日数が経過した場合やPCR検査で2回陰性であるなどの確認を経て退院する。

もし感染した場合、入院できる病院はあるのでしょうか?

 帯広市内には新型コロナウイルス感染症に感染した場合に入院できる医療機関が整備されています。
 今後の感染者の増加を見据え、北海道は入院できる医療機関を増やしたり、治療が必要ない人の療養先である宿泊療養ホテルを設定するなどの検討や調整が行われています。


もし自分が濃厚接触者と判定されてしまったら、どのような対応が取られますか?

 感染した人と、必要な感染予防策をせずに触れたり、1m程度以内で15分以上接触があった場合には濃厚接触者と判定される可能性があります。ウイルスがうつる可能性がある期間は発症2日前から入院等した日までですが、無症状でも感染させる場合もあるため、濃厚接触者は道立帯広保健所が感染者を調査し、総合的な判断に基づいて決定します。

 また、濃厚接触者になった場合は、全員PCR検査が実施されます。
 PCR検査が陰性だった(感染していない)としても14日間は保健所の指示に従う必要があります。自らの体調を報告したり、外出を控える、人と会わないようにするなどの行動が指示されます。


感染者や濃厚接触者と判定する際の診断や調査で、個人情報や秘密は守られますか?

 感染時の調査などでは、道立帯広保健所より名前や住所、生年月日だけでなく、既往歴や治療している病気があるかなどを具体的に質問されます。また、行動歴として、いつ、どこで、だれと会っていたか、接触があった人の氏名や連絡先など、個人の生活や考え方に関わる内容も調査として確認されます。

 ただ、この調査内容については、家族であっても開示されることはなく、調査を受けたことで誰にも話していない秘密を家族や第三者が知りえることはありません。
 感染拡大による被害を最小限にするためにも、調査へのご協力をお願いします。


新型コロナウイルス感染症の情報はどのように発信していますか?

 市民の皆さんにお知らせしたい情報は、記者会見を開催してお伝えしているほか、次のとおりホームページ、SNS等で随時、発信しています。

  1. 市ホームページの新型コロナウイルス感染症(トップページ)による発信
  2. 帯広市公式Facebook、TwitterなどのSNSによる発信
  3. 帯広市公式LINEによる発信 友だち追加 をお願いします。
  4. テレビのデータ放送による発信 視聴方法(PDF) 
  5. 記者会見などの実施(報道機関を通じた新聞等への掲載、記者会見情報は1でご覧いただけるほか、3では冒頭を動画で発信しています。)

※このほかにも、広報おびひろ、ケーブルテレビ、FMラジオ、庁内放送、ポスター掲示などにより、随時、感染予防の啓発を行っています。


医療従事者や介護職員などへの差別があると聞きました。

 医療や介護に携わる方たち、保育所、スーパー、薬局、トラック運送、清掃など、生活を支える方たちに対して、感染に関する誤解や偏見が見られる場合があります。
 例えば、来店や施設の利用を断られることやSNSで誹謗中傷されるなどの被害が報告されています。
 市民の皆さんには、公的な機関からの正しい情報をもとに冷静な行動をお願いします。


食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか?

 食中毒のように食べることで新型コロナウイルス感染症に感染したという事例は報告されていません。しかし、食器、いす、テーブル、食事中の会話など食事の環境によって感染が拡大する場合があります。
 手洗いや食事中の会話を控える、換気などの基本的な予防策のほかに、食品を取り分ける箸やトングなど共用の物品を使用しないなど十分な注意が必要です。


市役所庁舎の感染症対策はどうなっていますか?

 市役所庁舎入口や窓口に手指消毒液を設置しているほか、手すりやエレベーターのボタンなど、来庁者や職員が触れる機会の多い箇所を消毒しています。また、窓口職場では、消毒用アルコールにより、窓口テーブルや記載台などの消毒を随時行っています。
 来庁者へも、ポスターの掲示や庁内放送で、感染防止の基本となる手洗いや咳エチケットの励行、発熱・体調不良の方の入場を控えていただくよう呼びかけています。
 感染するリスクが高いとされる密閉空間、密集場所、密接場面といった3密を避けるため、窓の開放等による十分な換気、職員のマスク着用、窓口には飛沫感染防止用ビニールシート等を設置しているほか、互いに手を伸ばしても届かない距離を保つソーシャルディスタンシングの一つとして、待合では、間隔を空けてお待ちいただくよう床面に約1m間隔でテープを貼付するなどの表示を行っています。

 この他にも、ホームページを通じて来庁せずにできる手続きのご案内を行うなど、感染予防と拡大防止の両面から取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるお問合せ

 厚生労働省のQ&Aから主要なものを掲載しています。


新型コロナウイルス感染症はどのように感染するのでしょうか?

 現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。
1 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫による「飛沫感染」
2 ウイルスに触れた手で口や鼻を触ることによる「接触感染」

 一般に肺炎を起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く現れる時期に感染させる可能性が高くなりますが、新型コロナウイルスは、発症前後の時期に感染させる可能性が高くなると言われています。


感染予防のためにできることはなんですか?

 次のことを心がけましょう。
1 石けんやアルコール消毒液などによる手洗い
2 正しいマスクの着用を含む咳エチケット
3 3つの密(「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集している」「互いに手を伸ばしたら届くような距離での会話など」)を徹底して避ける


「せきエチケット」とは何を行うことですか?

 せきエチケットとは、感染症を他者に感染させないために、せき・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。


風邪のような症状があり、心配です。どうしたらいいですか?

 発熱などの風邪の症状があるときは、学校や会社を休むなど、外出を控えてください。
 また、毎日体温を測定して記録しましょう。


医療機関を受診するときに気を付けることはありますか?

 複数の医療機関を受診せず、「帰国者・接触者相談センター」等から紹介された医療機関(「帰国者・接触者外来」など)を受診してください。
 受診するときは、マスクを着用し、手洗いや咳エチケットを徹底してください。


身の回りものの消毒や除菌はどのようにしたらよいですか?

 接触感染を予防するため、手がよく触れるところを消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)等で定期的に清拭することがすすめられています。
 また、一定濃度以上の次亜塩素酸水も効果があると言われています。
 消毒や除菌が効果を発揮するためには、事前に汚れをしっかり落とし、消毒・除菌後はふき取ることが重要です。

消毒剤の空間噴霧は行ってはいけないのですか?

 厚生労働省では、消毒剤などが人の眼や皮膚に付くことや吸入されたりする可能性がある状況で、空間に噴霧することを進めていません。
 また、消毒剤をマスクに噴霧して使用することもすすめられていません。

 

そのほかは厚生労働省のホームページで見られます

一般の方向けQ&A

医療機関向けQ&A

企業向けQ&A

労働者の方向けQ&A

関連業種の方向けQ&A

学校再開に関するQ&A(文部科学省ホームページ)

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民福祉部健康保険室健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25ー9721
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています