新型コロナウイルス感染症についての情報

新型コロナウイルス感染症についてわかっていること

ウイルスの特性

 新型コロナウイルス(SARS-CoV2)は、コロナウイルスのひとつです。
 コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスが含まれます。
 ウイルスは細菌と違い、増殖するためには人の細胞内に侵入する必要がありますが、健康な皮膚からは体内に入り込むことができず、表面に付着するだけです。
 物体の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間〜72時間くらい感染する力をもつと言われています。

 

感染の方法

 一般的な感染ルートには「接触感染」と「飛沫感染」があります。
 接触感染は、主に手についたウイルスが鼻や口から入り、鼻の奥やのどの粘膜で増殖することで、発症します。
 飛沫感染は、くしゃみ、咳、つばなどと一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを口や鼻などから吸い込んで、鼻の奥やのどの粘膜で増殖することで、発症します。飛沫は、くしゃみや咳だけでなく、声を出すことでもとぶと言われています。
 2つの感染ルートのほかに、「マイクロ飛沫感染」という、飛沫中の小さな粒子が換気の悪い密閉空間で空気中を漂うことで、それを吸い込み感染する可能性があることもわかってきています。

 

症状

 感染してから約4日(最大14日)後に風邪のような症状(発熱、咳、のどの痛みなど)がでます。その他にも頭痛、だるさ、関節痛・筋肉痛などの症状がみられることがあります。加えて、味覚や嗅覚の障害が現れることもあります。
 風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があります。
 特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳、痰、呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。
 人に感染する可能性が最も高いのは、発症する2日くらい前から発症後1日の間で、本人に全く症状がなくても人に感染させる恐れがあります。
 これまでに報告されている死亡者は持病を持つ人や高齢者に多いことが分かっています。また、糖尿病、慢性呼吸器疾患、心血管疾患、高血圧、がんなどの持病を持つ人では、持病のない人よりも致死率が高いと報告されています。

 

検査・診断

 帰国者・接触者相談センターへの相談時や医師の診察時において、新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる場合、行政検査としてPCR検査が実施されます。PCR検査以外にも新型コロナウイルス感染症に関する検査は、様々な種類があります。

検査の種類

  • PCR検査:体内にあるウイルスの遺伝子を増幅させて感染を確認する方法。ウイルスの量が少なくても検出ができるため、検査の精度は高いが100%ではない。検査判定には専用の機器が必要で、数時間を要する。
  • 抗原検査(簡易診断キット=定性検査):体内にあるウイルスの一部であるたんぱく質(抗原)から感染を確認する方法。抗原の検出には一定以上のウイルス量が必要である。検査判定に特別な機器は必要なく、30分程度でその場で判定できる。
  • 抗原検査(定量検査):体内にあるウイルスの一部であるたんぱく質(抗原)から感染を確認する方法。簡易検査よりも少量のウイルスを検出できる。検査判定に専用の機器が必要であるが、30分程度で判定できる。
  • 抗体検査:血液中の免疫物質を確認する方法。これまでに感染したかどうかはわかるといわれているが、今現在感染しているかどうかは判定できないため、診断には使用できない。主に研究や調査のために使用される。

各検査の特徴

項目
PCR検査
抗原検査(簡易)
抗原検査(定量)
抗体検査
使う検体 鼻やのどのぬぐい液
唾液※1
鼻やのどのぬぐい液 鼻やのどのぬぐい液
唾液※1
血液
解析装置の利用 必要 不要 必要 検査試薬による
感染の診断ができるか ×
感染していないと判定できるか ○※2 ×
無症状者診断ができるか ×
活用用途・場所 感染の診断に多く使われている 医療機関や施設、救急外来等で結果が早く知りたい場合 PCR検査同様に使われる 地域の感染状況の調査など

 ※1~発症から9日以内  ※2~発症2日目から9日以内
 表は、新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会作成の資料を基にしています

 

治療法

 新型コロナウイルス感染症への根本的な治療法は、現在確立されていません。
 新型コロナウイルスに感染した人は、軽症であった方、治癒する方も多いですが、重症化する方は、普通の風邪症状が出てから約5〜7日程度で、症状が急速に悪化し、肺炎に至ります。
 新型コロナウイルスによる肺炎が重篤化した場合は、人工呼吸器など集中治療が必要となり、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

 

ワクチンについて

 現在、新型コロナウイルス感染症への有効なワクチンはありません。
 一般に、ワクチンの開発までには、当該ワクチンの有効性・安全性の確認や、一定の品質を担保しつつ、大量生産が可能かどうかの確認などを行う必要があり、開発には年単位の期間がかかります。
 そのため、基本的な感染症予防の徹底が重要です。

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民福祉部健康保険室健康推進課

  • 所在:〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター内
  • 電話:0155-25ー9721
  • FAX:0155-25-7445

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • ホンダカーズ帯広
  • フージャースコーポレーション
  • 株式会社 新生(コロナ)
  • 広告を募集しています