「帯広市学校施設長寿命化計画」の策定について

 

 本市の学校施設は、昭和50年代に多く建設され、それらが一斉に更新時期を迎えようとしています。今後も少子高齢化が進み、財政状況は一層厳しさを増すことが予想される中、長期的な視点に立って、施設整備に係るトータルコストの縮減と予算の平準化を図りつつ、現代の学校に求められる施設の機能・性能を確保していくため「帯広市学校施設長寿命化計画」を策定しました。本計画に基づいて、学校施設の整備を進めて参ります。

 

計画本編

 帯広市学校施設長寿命化計画 (1391KB)

 本計画は、市庁舎8階 学校教育部企画総務課でも閲覧することができます。

 

 第1章 帯広市学校施設長寿命化計画について
  1. 計画の背景・目的
  2. 計画の位置付け
  3. 計画の期間
  4. 対象施設

 第2章 学校施設に求められる機能・性能
  1. 安全性の確保
  2. 快適性の確保
  3. 機能性の確保
  4. 環境への配慮
  5. 地域の拠点施設としての配慮

 第3章 学校施設の実態
  1. 児童生徒数・学級数の推移
  2. 学校施設の保有状況
  3. 学校施設の配置状況
  4. 学校施設の利用状況
  5. 学校施設の劣化状況
   (1)構造躯体の健全性
   (2)部位毎の劣化状況と劣化度スコアの算定

 第4章 学校施設整備の基本的な考え方
  1. 改修等に係る基本的な考え方
  2. 長寿命化改修による効果
  3. 他の計画等との整合性の確保
  4. 施設整備の内容
   (1)耐久性の向上
   (2)機能性等の向上

 第5章 学校施設整備の進め方
  1. 長寿命化改修の優先順位
  2. 個別改修等の進め方

 第6章 今後の計画推進
  1. 情報の整備と活用
  2. フォローアップ

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社山下家具
  • 株式会社公益社
  • ドッグフードの神様
  • 株式会社 新生
  • ECCジュニア
  • 広告を募集しています