市長メッセージ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006991  更新日 2021年6月19日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に関する、帯広市長からのメッセージです。

令和3年6月19日

 国が、6月20日をもって北海道の緊急事態措置を解除することを受け、道は、札幌市をまん延防止等重点措置区域、石狩振興局管内や小樽市、旭川市を経過区域として対策を継続しますが、それ以外の地域では、飲食店の時短要請の終了などを決定しました。
 市は、道の方針に基づき、感染対策を徹底した上で、6月21日以降、順次、施設の開館や行事を再開することなどについて、対策本部で確認しました。

 これまで全道一体となって対策に取り組んできたことにより、新規感染者数は減少傾向に転じていますが、解除後のリバウンドや変異株等による感染の再拡大も懸念されています。
 十勝・帯広においても、継続して感染者が発生しているため、札幌市との往来を控えるなど、感染リスクの回避に向けた行動の徹底について、引き続き市民の皆さんや事業者の方々のご協力をよろしくお願い申し上げます。

帯広市長 米沢則寿

これまでのメッセージ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム