ワクチン接種証明書の申請

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009686  更新日 2021年11月24日

印刷大きな文字で印刷

海外渡航時に利用する、新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種証明書(通称:ワクチンパスポート)を発行する場合の手続きの方法です。

ワクチン接種証明書の発行を希望する方へ

申請できる方

帯広市が発行した接種券でワクチンを接種しており、海外渡航の予定がある方
※接種券付き予診票により接種した場合は、接種時に帯広市に住民票がある方

必要書類

  • 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書
  • 旅券(パスポート)の写し ※有効期限が切れていないもの
  • 住所が記載された本人確認書類(免許証、保険証、マイナンバーカードなど)の写し
  • 接種済証または接種記録書の写し

※旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる確認書類も添えてください。

例)旧姓併記のマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別性の記載のある外国の旅券など(旧姓・別姓・別名が元々ローマ字表記であり、旅券のみで記載事項確認できる場合を除きます)

 

【注意】

海外渡航時に利用するため、接種証明書に記載する氏名の表記は、旅券の表記と一致している必要があります。したがって、別名併記等の取扱いについて旅券と異なる表記を希望する場合は、まず、旅券の表記の修正手続きを行ってから、接種証明書を申請してください。

申請方法

上記の必要書類を準備の上、下記のいずれかの方法で申請してください。なお、郵送の場合、申請からワクチン接種証明書のお届けまで1週間から10日程度かかりますので、余裕をもって申請をお願いします。

郵送申請

「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書」に必要事項を記入し、必要書類一式を帯広市新型コロナワクチンコールセンターに、返信用封筒(必要な金額の切手を貼って、宛先の記載したもの)を同封の上、郵送してください。後日、郵送にて交付します。

窓口申請

必要事項を記入した「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書」と必要書類を持参し、帯広市新型コロナワクチンコールセンターまでお越しください。内容を確認し、その場で予防接種証明書を交付します。(接種記録の確認等に時間を要する場合は、後日郵送となる場合があります)

連絡・申請先

帯広市新型コロナワクチンコールセンター

【電話】

0570-015-586(ナビダイヤル)
※ナビダイヤルに接続できないIP電話などの方は、0155-20-7777におかけください。

【郵送・窓口】

〒080-0808
帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター3階
平日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分(窓口)

利用可能な国について

ワクチン接種証明書が適用される免除・緩和措置は外務省海外安全ホームページをご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム