<基礎疾患>ワクチンを接種するまでの流れ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009225  更新日 2021年7月30日

印刷大きな文字で印刷

基礎疾患を有する方が、新型コロナワクチン接種を行うまでの一連の流れです。

予約に関するお知らせ

現在予約ができる医療機関一覧

各接種場所の受付状況は、コロナワクチンナビで確認するか、帯広市新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。

対象者

年齢

12歳から64歳まで

(生年月日が、昭和32年4月2日から平成21年4月1日まで)

対象疾患
次の病気や状態で、通院または入院をしている人
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

対象者(通院または入院は不要)

基準(BMI30以上)を満たす肥満の方<BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)>

接種を受けるためには

1 接種券を受け取る

送付日

既に事前申請を行っている方:7月1日
上記以外の方:7月6日(5日間程度かけて到着)

2 ワクチンを接種するかどうかを判断する

正しい情報をもとに、ワクチンを接種するかどうかを、皆さん一ひとりが自ら判断することが大切です。
必要な場合には、市コールセンターや相談窓口でより詳しい説明を聞いたり、相談することができます。

また、かかりつけの医療機関には、接種が可能か、事前に相談をしてください。

3 接種場所を選ぶ

治療や服薬状況などをふまえて、安全にワクチン接種が行えるよう、できる限りかかりつけの医療機関で接種するよう、お願いしています。

かかりつけ医がいない場合は、受診しやすい接種場所を選んでください。

市内54か所の医療機関での個別接種と、イトーヨーカドー帯広店での集団接種(7月31日までの実施期間の予約は、終了しました)で行います。

4 接種日時を決めて、予約する

予約には、接種券に記載されている10桁の番号が必要です。

予約は、事前申請をいただいている場合、Aグループの医療機関はインターネット予約と新型コロナワクチンコールセンターで電話で受け付け、Bグループの医療機関は直接予約を受け付けています。

事前申請をされていない方は、新型コロナワクチンコールセンターへお電話ください。(インターネット予約は不可)

電話番号:0570-015-586(ナビダイヤル)
または、0155-20-7777(ナビダイヤルに接続できないIP電話などの方)

聴覚や発語に障害がある等、電話での予約が困難な場合:0155-25-7445(ファクス番号)
ファクス様式に必要事項を記入し、帯広市新型コロナワクチンコールセンターへ送付してください。

5 予約日に医療機関に行く

予約日時に、接種場所へ受診してください。
接種部位が肩付近になりますので、半袖の衣服など肩を出しやすい服装で受診してください

持ち物
接種券
予診票(1枚のみ)
本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナン
バーカード等)

予約日時に医療機関に行けなくなった場合は、直前であっても、必ず、予約した医療機関へ連絡をしてください。

予約当日、事前に自宅で体温を測定してください。発熱(37.5℃以上)がある場合や体調が悪い場合等は接種を
控え、必ず、予約した接種場所にご連絡ください。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム