4回目接種券の発行(基礎疾患等の事前申請)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009225  更新日 2022年5月20日

印刷大きな文字で印刷

基礎疾患を有する方等が、新型コロナワクチンの4回目接種用の接種券を、発行する場合の手続きの方法です。

新型コロナワクチンの4回目接種に該当する方へ

4回目の新型コロナワクチン接種については、60歳以上の方と18歳以上59歳以下で基礎疾患を有する方及びその他重症化リスクが高いと医師が認める方が対象となります。基礎疾患を有する方等の場合、帯広市で対象者であることの確認ができない場合があるため、すべての対象者の方へ4回目接種用の接種券が送付できません。この場合、以下の申請が必要となります。

申請受付開始は、令和4年5月23日(月曜日)8時45分からです。

※3回目の接種日から5か月後の同日から、4回目の接種が可能になります。
※接種券は通常、接種可能日の前月に送付しますので、早めの申請をお願いします。
 例:3回目接種日2022年2月1日→4回目接種可能日2022年7月1日→接種券発送予定日2022年6月20日~

事前申請の流れ

対象者

年齢

18歳以上59歳以下

(接種の日に満18歳になっている方が対象です)

対象疾患等
  • 以下に記載の基礎疾患があり、通院または入院をしている方
  • 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方<BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)>
  • 新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方

【基礎疾患の種類】

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

申請方法

インターネット申請
専用申請フォームから申請します。
ファクス申請

申請書を送付してください。

ファクス:0155-25-7445

郵送申請

申請書を郵送してください。

申請先:帯広市新型コロナワクチンコールセンター

住所:〒080-0808

 帯広市東8条南13丁目1 帯広市保健福祉センター3階

ファクスや郵送での申請が難しい場合

帯広市新型コロナワクチンコールセンターへお電話ください。

電話番号:0570-015-586(ナビダイヤル)

0155-20-7777(ナビダイヤルに接続できないIP電話など)

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム