住民票がある市町村以外でのワクチン接種

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008887  更新日 2021年10月9日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナワクチンの予防接種を、住民票がある市町村以外で接種する場合の手続き方法です。

住民票所在地以外(住所地外)での接種

新型コロナワクチンは原則、住民票がある市町村で接種しますが、やむを得ない事情がある場合は、事前に申請を行うことにより住民票所在地以外(住所地外)で接種することができます。

やむを得ない事情に該当する要件

申請が必要か否か判断に迷う場合は、帯広市新型コロナワクチンコールセンターにお問い合わせください。

申請が必要
  • 出産等のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している方等
申請が不要
  • 入院、入所されている方
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する必要がある方
  • 副反応のリスクが高い等のため体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留又は留置されている方、受刑者
  • 市町村への申請を行うことが困難である方

帯広市民が他市町村で接種を希望する場合

申請方法や提出書類、ワクチン接種の予約方法が、接種を希望する市町村によって異なりますので、接種を受ける会場がある市町村の窓口へ事前にお問い合わせください。

他市町村の住民が帯広市で接種を希望する場合

申請が必要な要件に当てはまる場合、「住民地外接種届」の提出が必要です。「郵送申請」、「WEB申請」、「窓口申請」の申請方法があります。
混雑による感染リスクを避けるため、郵送またはWEBによる申請へのご協力をお願いします。
申請後、「住所地外接種届出済証」をお受け取り下さい。

郵送申請

「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し」及び「94円分の切手を貼った返信用封筒」を同封して下記住所に郵送してください。
手続きに10日ほどかかりますので、余裕をもって申請をお願いします。

【送付先】
〒080-0808
帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター
コロナワクチン住所地外接種担当

WEB申請

厚生労働省のウェブサイト(コロナワクチンナビ)で、「住所地外接種届」を提出してください。
ウェブサイト上で「届出済証」を交付しますので、印刷または画面キャプチャ―(スクリーンショット)などにより保存し、接種当日に印刷した「届出済証」を持参、または保存した画面を提示してください。

 

窓口申請

記入した「住所地外接種届」及び「接種券」を持参し、帯広市新型コロナワクチンコールセンター(帯広市保健福祉センター3階、窓口受付時間:平日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分)までお越しください。「住所地外接種届」がお手元にない場合は、窓口でご記入ください。
記載内容を確認後、その場で「届出済証」を交付します。

帯広市での接種までの流れ

1 申請する

申請が必要な方に当てはまる場合、上記の申請方法で「住所地外接種届」の申請をしてください。

2 住所地外接種届出済証を受け取る

帯広市が発行する「届出済証」を受け取ってください。

3 予約をする

ワクチン接種の予約をしてください。予約方法は、帯広市新型コロナワクチンコールセンターへ連絡する場合と、直接医療機関に電話予約する場合があります。どこに予約してよいかわからない場合は、コールセンターにご相談ください。

4 予約日に医療機関に行く

予約日に「接種券」、「届出済証」、「身分証」、「予診票」を持参し、接種場所に行ってください。
※「届出済証」は受付時や予診時に提示することで、届出済みであることを確認します。1回目の接種で使用した「届出済証」は、2回目の接種までご自身で保管してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するご意見・お問い合わせ

市民福祉部健康保険室健康推進課健康第1係
〒080-0808 帯広市東8条南13丁目1番地 帯広市保健福祉センター内
電話:0155-25-9721 ファクス:0155-25-7445
ご意見・お問い合わせフォーム