帯広百年記念館

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005441  更新日 2021年2月26日

印刷大きな文字で印刷

写真:帯広百年記念館外観

施設案内

博物館機能と創造活動機能を持ち合わせた複合施設です。常設展示室では、帯広・十勝の歴史・自然・産業などを展示しています。
創造活動センターでは、陶芸、音楽、演劇、絵画、木彫、舞踊などの練習会場として一般貸出を行っています。

詳しくは、帯広百年記念館のホームページをご覧ください。

アクセス

帯広駅前バスターミナルから拓殖バス、ニュータウン西23条行に乗車、緑ヶ丘6丁目前下車後徒歩5分

ご利用案内

  • 利用時間:
    • 常設展示室 9時~17時(入場は16時30分まで)
    • 創造活動センター 9時~22時
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日(ただし翌日が土曜日・日曜日の場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)

国指定重要文化財 八千代A遺跡出土品

写真:八千代A遺跡出土品

  • 八千代町に所在する八千代A遺跡の出土品が国の重要文化財に指定されました(指定日平成30年10月31日)。道東における最初期の定住生活の実態と、その文化的内容を理解するうえで、極めて重要な資料であることが評価されました。
  • 帯広市内にある文化財が指定されるのは、平成29年の旧双葉幼稚園園舎に続くもので、美術工芸品(考古資料)としては十勝初、縄文時代の出土品に限れば道東初の指定になります。
  • 八千代A遺跡は、9千年前頃に営まれた道内最古級の大規模縄文集落遺跡で、帯広市教育委員会によって昭和60〜63年に発掘調査が行われました。指定品は、竪穴住居跡の床付近からの出土品を主とする土器・土製品39点、石器・石製品541点、計580点で、この中には縄文文化最古級の動物形土製品や石製装飾品なども含まれています。
  • 指定品は、リニューアルした当館常設展示室の「八千代A遺跡」コーナーで展示しています。

写真:展示室の「八千代A遺跡」コーナー

このページに関するご意見・お問い合わせ

生涯学習部生涯学習文化室百年記念館管理係
〒080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地
電話:0155-24-5352 ファクス:0155-24-5357
ご意見・お問い合わせフォーム