動物園の鳥インフルエンザ対策にご協力のお願い

来園者・市民の皆様へ

 

 現在、日本全国で発生している高病原性鳥インフルエンザは家禽であるニワトリやアヒル

以外に、野鳥ではガン・カモ類をはじめ、猛禽類、ツル類など多くの鳥類が感染する病気です。

動物園では園外から持ち込まれる可能性のある鳥インフルエンザウイルスから飼育鳥類を守るため

次のような対策をとっています。

 

・来園者の皆様が入園する際の消毒マットによる靴底の消毒

・鳥類のふれあい事業の中止やふれあいの防止

・鳥類展示施設の観覧中止など

 

 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触を行うなどの特殊な場合を除いて、

通常では人に感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等にふれた後

には手洗いとうがいを励行することで、予防が可能とされています。

 国内における鳥インフルエンザの感染が終息するまで、ご迷惑をおかけすることになりますが、

これらの対策にご理解とご協力をお願いいたします。

 

おびひろ動物園

 園長 柚原 和敏

 

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 広告募集