動物園が出来るまで 〜 昭和39年

昭和34年(1959年)

  • 10月 「帯広市民動物園造成友の会」が市民有志によって結成され動物園づくりについて趣意書を作成、
        広く市民によびかけた。事務局を公民館におく。(準備委員:高野秀三、大江健、三宅勝、亀谷勉他7名)
  • 11月 公民館祭の協賛行事として、動物アトラクション(移動動物園)を札幌市円山動物園の協カにより行う。
        チンパンジー、カンガルー、アシカなどが、旧帯広小学校講堂及び畜産大学体育館を会場に種々の芸を披露し
        市民の好評を博した。
        夢の動物園コンクール作品募集を行う。内容は動物に関する作文、画、写真、歌詞について作品を募り
        審査を行った。夢の小箱(募金箱)を市内の銀行など5ケ所に設置、PRにつとめた。
        その他委員が随時、街頭募金を行う。

 

昭和35年  

  •  4月  「帯広市動物園建設期成会」が発足する。(会長 高野秀三、副会長 伊藤経作 小室吉助 森山牧
         理事 伊藤勉 大江健他18名 監事 小田豊四郎 野沢武司
  •  5月  小鳥の村談話会を開催(公民館)
        期成会独自の動物園建設計画を作成する。
        建設場所:市内大川町(十勝川河畔一帯)
        面  積:18,000坪(約60,000平方メートル)
        建 設 費:65,000,000円
        飼育動物点数:65種 292点
        職  員:園長以下20名
        入 園 料:大人30円 子供10円
        建設年次:昭和37年〜42年までの6カ年計画。

 

昭和36年

  •  5月  円山動物園の協力により、移動動物園を市内緑ケ丘児童遊園地で行う。
        (カンガルー、ワニ、鳥類など約15種)
        以上、市民サイドの動物園建設運動に呼応して、一方市側は下記のような建設の準備に入る。
  •  7月  動物園建設基本調査のため先進地動物園(規模中位以下、日立、秋田等5ケ所)視察、
        市議会文教厚生委員長 荘田清一、教育委員長 角田隆一等一行6名。
  • 11月  本格的な建設計画に着手、位置は緑ケ丘公園か鈴蘭公園かで論議が多かったが、緑ケ丘公園は、将来、
         緑ケ丘墓地のつつじ丘霊園の移転に伴い、動物園拡張の余地が残されている等有利な面が多いことから、
         最終的に現位置に決定。
         建 設 費:50,000,000円程度とし、遊園地の併設を基本とする。
         建設年次:昭和37年〜39年までの3カ年計画とし、開園は昭和38年を目途とする。
         建設基本設計を北海道開発コンサルタントに委託。総工費設計全額 52,000,000円

 

昭和37年

  •  4月  動物園建設事務担当を、それまでの教育委員会社会教育課から建設部土木課に所管替。
  •  6月  緑ケ丘公園ボート池付近に、市内各有志に委託飼育中の動物
        (キツネ、タヌキ、エゾシカ、エゾフクロウ等)を集め小動物飼育を開始する。
  • 10月  市債借入認可を得、直ちに建設に着手。土工事、給排水工事、電気工事、動物舎(小獣舎、猛獣舎等)、
         事務所、調理室等。

 

昭和38年

  •  6月  購入動物の到着、小動物飼育施設からの動物移動、開園に備える。
         以上のような経過のなかで動物園建設期成会は動物園完成ののち、
         園内に国旗掲揚塔を寄贈することを申し合わせて解散する。(同時点の現金残高166,216円)

 

昭和38年(1963年)

  •  7月13日 開園

開園時の規模

  • 面 積 48,000平方メートル
  • 動物舎 鳴禽舎、野鳥舎、猛獣舎(現トラ舎)、チンパンジー舎、小獣舎、狐狸舎、サル舎、カンガルー舎、
        シカ舎(現ラクダ舎)、アシカプール、サル山、エゾシカ放養場、総合動物舎、鶉鶏舎、ロックガーデン
  • 動物数 ヒグマ、アカカンガルー、トラ、ライオン、ヒョウ、エゾシカ、ニホンザル、タイワンザル、
        カリフォルニアアシカ、ロバ 、オオバタン、コクチョウ、アカコンゴウインコ、クジャクバト、
        エゾシマフクロウなど合計20余種 約80点
  • 遊具 メリーゴーランド、豆汽車
  • 職員数5名(飼育係3名、管理係2名)
  • 臨時職員数10名(売札、遊具運転など)
  • 入園料 大人30円 中人20円 小人10円
  • 主な受贈動物 ヒグマ1点(中川一郎)アカカンガルー2点(中川一郎)トラ2点(大野伴睦)ライオン2点(円山動物園)
           ヒョウ1点(円山動物園)エゾシカ3点(青年会議所)
  • 主な動物の購入、交換及び保護 カリフォルニアアシカ、チンパンジー、ロバ、アミメニシキヘビ、
                   アカコンゴウインコ、オオバタン、コクチョウ、クマタカ、エゾシマフクロウ、
                     クジャクバト、インドクジャクなど。

 

昭和39年(1964年)

  •  4月 1日 初代園長に高橋久道氏就任
  •  4月   入園料改定大人50円 中人20円 小人10円
  •  5月   主要な動物の愛称を広く市民より公募する。
         (アシカ、チンパンジー、ロバ、インドゾウ、ライオン、カンガルー、トラ)
  •  6月  動物を計る会を開始、現在に至る。
  •  7月  動物写生画コンクールを開始、現在に至る。
  • 11月   耐寒訓練を開始
        インドゾウ、トラ、ライオン、ヒョウ、カンガルー、ロバ、インドクジャクなどを対象として、
        北国の酷寒に耐え得る限界に挑戦する。
  • 飼育動物数(4月現在)60種180点
  • 動物舎の新設 ゾウ舎、フライングケージ、ペンギン池
  • 主な受贈動物 オオサマペンギン1点(円山動物園)ヒグマ1点(円山動物園)シロテテナガザル1点(内木宮多良)
           ヒムネオオハシ3点(円山動物園)
  • 主な動物の購入、交換及び保護 モモイロペリカン、ルリコンゴウインコ、カンムリヅル、マガン、インドガン、
                   ハイイロガン、チンパンジー、マントヒヒ、フタコブラクダ、インドゾウ、
                   フンボルトペンギン、オジロワシ、アカツクシガモ、コブガモ、セイケイなど。
  • 遊具の新設 人工衛星盤、空中観覧車
  • 主な施設及び遊具の受贈 国旗掲揚塔(動物園建設期成会)
                ブランコ(物井鉄工場)パーゴラ(帯広ライオンズクラブ)

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集