平成4年〜元年

平成元年

おもなできごと

  • 2月20日 シロフクロウの雌「シロちゃん」、宝塚ファミリーランドより来園。
          (62年、宝塚生・日動水協繁殖賞受賞)
  • 3月29日 シベリアヘラジカの雄1点、共同繁殖のため秋田市大森山動物園へ。
  • 3月30日 トカラヤギとヤギ舎の目録贈呈。
  • 4月    本年度より遊具使用料金の値上げ。
           スーパーチェアー(新設)100円
           メリーゴーランド50円から100円
           回転ボート50円から100円
           トラバント50円から100円
          ニホンザルの「サル山」にボス誕生の話題しきり。
  • 4月23日 開園。オープン式。第2ひまわり幼稚園児招待。
  • 5月 4日 フタコブラクダの赤ちゃん(雄・白色)誕生。
  • 5月16日 動物の愛称決定。
           ミニブタ(雌)「タンコロ」
           ミニブタ(雌)「ピンクル」
           キリン(雌)「スージー」
           バイソン(雄)「むさし」
  • 6月18日 「動物を計る会」キリンの高さ、トカラヤギ2点の体重、オオサンショウウオの体長115cm。
           (飼育下で130cmに次ぐ世界第2位)
  • 6月23日  ヤクシマヤギ2点来園。(徳島市立動物園より受贈)
  • 8月 5日 「昆虫教室」
  • 8月11日 「夜間開園」
      〜13日 従来の「サファリキャンプ」に替わる行事として初めて実施。
  • 9月15日 「サケの一生」展。(24日まで)
  • 11月5日  閉園。
  • 飼育動物数(4月1日現在) 97種594点
  • 施設の整備  夜間証明設備(1,500,000円)
  • 遊具の新設  スーパーチェアー(23,300,000円)
  • 受贈動物   マンドリル1点
  • 主な生産動物 アカカンガルー1点、ニホンザル2点、シンリンオオカミ5点、フタコブラクダ1点、
           チャップマンシマウマ1点、ヤクシカ1点
  • 主な死亡動物 アカカンガルー4点、フサオマキザル1点、コモンマーモセット1点、ブタオザル1点、
           マンドリル1点、アメリカビーバー1点、シンリンオオカミ1点、エスキモー犬1点、
           ホッキョクグマ1点、シベリアトラ1点、チャップマンシマウマ1点、エゾシカ5点、エランド1点、
           ヨーロッパフラミンゴ1点、ベニイロフラミンゴ1点、インドクジャク1点、ベニコンゴーインコ1点
  • 売却動物   エスキモー犬1点
  • 贈与動物   エゾヒグマ3点

 

平成2年

おもなできごと

  • 1月30日 ホッキョクグマの「コロ」(雄・24才)死亡。(S41年9月、ソ連邦より受贈)
  • 4月    シマスカンク2点、アメリカビーバー2点、マゼランペンギン2点、コモンマーモセット2点来園。
          (動物交換)
  • 4月20日 鈴木強氏(豆汽車踏切装置の設置)科学技術庁長官より「創意工夫功労者表彰」受賞。
  • 4月22日 開園。オープン式。つくし幼稚園児招待。
  • 6月17日 「動物を計る会」キリンの高さ555cmエスキモー犬の子犬の体重9.5kg
          メガネカイマンの体長116cm
          シベリアヘラジカの双子の赤ちゃん誕生。(雌2点)「陽々」×「ランちやん」(3世)
          「サンショウウオ」展
  • 7月20日 エスキモー犬の「キンタ」・「モンティー」舟津圭三氏より預かる。
          (南極横断国際犬ぞり隊(日・米・露・仏・中・英の6カ国)による南極大陸横断に参加、完走した犬。)
  • 11月 4日 閉園。
  • 飼育動物数(4月1日現在) 83種529点
  • 受贈動物 インドクジャク3点、シロフクロウ1点
  • 交換動物(受け入れ) コモンマーモセット1点、アメリカビーバー1点、マゼランペンギン2点、モモイロペリカン1点
  • 購入動物 マゼランペンギン2点、アメリカビーバー2点、シマスカンク2点、コモンマーモセット2点
  • 主な生産動物 ボリビアリスザル1点、ニホンザル6点、エスキモー犬7点、シベリアヘラジカ2点、アミメキリン1点
  • 主な死亡動物 ノドジロオマキザル1点、ニホンザル1点、アメリカビーバー1点、エスキモー犬3点、ライオン1点、
           シェットランドポニー1点、シベリアヘラジカ1点、アミメキリン1点、フンボルトペンギン1点、
           ヨウム1点、マゼランペンギン1点、シロフクロウ1点、モモイロペリカン1点、オシドリ1点
  • 売却動物 エスキモー犬5点
  • 贈与動物 ニホンザル5点、シベリアヘラジカ1点
  • 交換動物(払い出し) チャップマンシマウマ2点、エランド1点

 

平成3年

おもなできごと

  •  4月    入園料改定。
            大人  400円:450円
            高校生 300円:300円
            小中生  50円:100円
  •  4月21日 清掃奉仕。(13回目)帯広明るい社会づくり運動推進協議会
  •  4月28日 平成3年度開園。オープン式。ひまわり幼稚園児招待。開園まつり。
  •  5月16日 動物の愛称決定。
            キリン(雄)「キキ」
            ペリカン(雄)「カンタ」
            ペリカン(雌)「モモ」
            シロフクロウ(雌)「ムク」。
  •  5月27日  ライオン(雌)来園。
  •  6月19日  シベリアヘラジカの赤ちゃん(雌)誕生。 「ケリー」×「モーラ」(3回目)
  •  6月30日 「児童・幼児動物画コンクール帯広写生会」。(514点)
  •  7月29日 「サマースクール」(31日まで)
  •  8月10日 「夜間開園」。(12日まで、2年目)
           「クワガタ虫」展。(15日まで)
  •  9月 8日 「動物園で詩を書こう絵を書こうの集い」。(参加者300人)
  •  9月30日  ライオンの赤ちゃん3点(雄2、雌1)誕生。
  • 11月 3日 「ライオンの赤ちゃんとあそぼう会」(赤ちゃんを抱く、参加者700人)
  • 11月 4日 閉園。
  • 11月12日 アミメキリンの赤ちゃん(雌)誕生。「ノブイチ」×「マチコ」(5回目)
  • 飼育動物数(4月1日) 89種603点
  • 施設の設備 ゾウ舎補修(9,000,000円)
  • 遊具の新設 ゴーカート3台(2,453,000円)
  • 購入動物 アカカンガルー2点
  • 交換動物(受け入れ) キタオポッサム2点、エスキモー犬1点、ライオン1点
  • 主な生産動物 ニホンザル8点、エスキモー犬3点、ライオン3点、チャップマンシマウマ1点、シベリアヘラジカ1点、
           アミメキリン1点、オシドリ8点
  • 主な死亡動物 ワオキツネザル1点、ニホンザル2点、コモンマーモセット1点、アメリカビーバー1点、
           アミメキリン1点、カリフォルニアアシカ1点、フンボルトペンギン1点、マゼランペンギン1点、
           オシドリ5点
  • 交換動物(払い出し) シンリンオオカミ4点、エスキモー犬1点、アミメキリン1点、アンデスコンドル1点

 

平成4年

おもなできごと

  • 4月18日 駐車場内、標識ポールの化粧直し奉仕。(NTT帯広支店CIプロジェクト)
  • 4月19日 清掃奉仕。 帯広明るい社会づくり運動推進協議会(14年目)
  • 4月21日 塗装奉仕。帯広塗装工業協同組合(43年以来)
      〜23日
  • 4月     ゴマフアザラシ1番来園。札幌市円山動物園より借り受け。
  • 4月26日 平成4年度開園。第2ひまわり幼稚園児招待。
  • 4月     「動物のお話と折り紙教室」。(第1・第3日曜日)
  • 4月29日 開園まつり。
  • 5月16日 動物愛称決定。
           ヘラジカ(雌)「ヘレン」
           シマウマ(雌)「クルミ」
           キリン(雌)「ルミ」
           ライオン(雄)「ドラゴン」
           ライオン(雌)「エルザ」
  • 5月31日 シベリアヘラジカの赤ちゃん(雌2点)誕生。
          「陽々」×「ランちゃん」(2目、雄雌共に5才)
  • 6月24日  樹木せん定奉仕。シルバー人材センターの親睦会「ライフクラブ」(2年目)
  • 6月28日 動物画コンクール帯広写生会。(応募総数566点)
  • 6月29日 「ミニミニガイド」創刊号発刊。
  • 7月 5日 「エゾリスとその仲間たち」展。(12日まで)
  • 7月11日 ハスキー犬が侵入して、エゾシカ(母親)が驚き、鉄柵に激突して死亡。
  • 8月10日 「夜間開園」。(12日まで、3年目)
          「クワガタ虫」展。(16日まで)
  • 9月12日 「第20回記念・動物園で詩を書こう、絵を書こうの集い」。(サイロの会)参加者420人
  • 9月14日 児童の一日飼育体験。(生活科)花園小学校1年、3クラス(2回目)
  • 10月 31日 ホッキョクグマ1番来園。(雄ll0kg・雌70kg)購入金額745万円
            米国オハイオ州クリーブランド動物園生。
  • 11月 1日 「動物園ウォークラリー」。参加者30人
  • 11月 3日 閉園。「さようなら動物園」。小中学生の入園料と遊具使用料
            無料先着1,000名に甘酒無料サービス。
  • 飼育動物数(4月1日現在) 80種475点
  • 施設の整備 園内便所水洗工事(6,386,000円)、3ケ所管理棟新設(27,000,000円)リース
  • 遊具の新設 ゴーカート2台、バッテリーカー2台(2,393,000円)リース
  • 購入動物 ホッキョクグマ1番(7,673,500円)
  • 交換動物 シマスカンク2点
  • 主な生産動物 アカカンガルー2点、アメリカバイソン1点、コモンマーモセット2点、エゾシカ1点、
           ボリビアリスザル1点、ニホンザル7点、エスキモー犬3点、ゴマフアザラシ1点、シベリアヘラジカ2点
  • 主な死亡動物 アカカンガルー2点、ヤクシカ1点、コモンマーモセット3点、エゾシカ2点、ボリビアリスザル1点、
           ニホンザル2点、シマスカンク1点、シンリンオオカミ1点、アミメキリン1点、マゼランペンギン2点、
           チリーフラミンゴ1点、インドクジャク2点、クロヅル1点、アネハヅル1点
  • 売却動物 エスキモー犬3点
  • 交換動物 エゾヒグマ2点

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集