ライオンのドラゴンが永眠しました

 

4月11日早朝に、オスライオン「ドラゴン」が永眠いたしました。

ありし日のドラゴン
 ドラゴンは1991年9月30日に三つ子としておびひろ動物園でうまれ、

 兄妹のエルザと共に、暮らしていました。

 昨年の夏から歩行に異常が確認され、今月になってからは、歩行が困難になっていました。

 

 治療に努めていましたが、衰弱が著しく、残念ながら死亡にいたりました。 残念ながら死亡にいたりました。
元気だった頃のドラゴン
 
さよならドラゴン

 ライオンの飼育下での平均寿命は約20年と言われているので、
 老衰による衰弱死だと思われます。

 現在、帯広畜産大学において、詳しい死因を調査中です。

 

なお、ライオンは現在メスのエルザのみの飼育展示となっています。


兄弟のキングは釧路市動物園で現在も飼育されています。

 

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集