「小学生のための動物園塾」を開催しました。

 平成29年10月7日、14日、21日に「小学生のための動物園塾」を実施しました。

 このプログラムでは、飼育体験をするだけでなく、野生動物と環境について「自分で考え行動する力」を育んでいくことを目指しています。

 1日目の午前中は4グループに分かれ飼育体験を行い、午後からは食育の授業を行いました。

 午後の学習では、初めに前日の夕食のメニューを思い出し、その中にどんな動物が含まれているのか考えました。私たちが普段食べている動物は、ウシやニワトリなどの家畜動物とサンマやイカなどの野生動物に大きく分けられ、それらの命をいただいていることを学びました。そのことから、私たちの命を支えているものは、自分ではない何かの命であることを知り、命をムダにしていいのかということについて話し合いました。

1日目の様子1  1日目の様子2

また、宿題として、1週間分の「夜ご飯時に出るゴミ調べ」を出しました。

 

 2日目の午前中は、1日目に課題として出した宿題をもとに話を始めました。ゴミの内容とそこから気が付いたことを発表し、日々の生活でゴミは必ず出ることに気が付きました。日本全国で考えると多くの食品ロスが生まれており、少しでも減らすことができたら、環境にもよい影響があるとの考えが参加者から発表されました。

 そのほかにもゴミの問題点について学習しました。ゴミは、様々な問題を引き起こします。環境への影響も大きく、野生動物が誤って、あるいは食べ物と間違えてゴミを飲み込んでしまい、死んでしまうこともあります。魚網が体に絡んだり、釣り針が体に刺さってしまったりすることもあります。実際に野生動物がゴミの影響を受けている写真を見ての感想を出し合い、その影響について話し合いました。

 2日目の午後は、それまでの学習を振り返り、模造紙に学習内容や自分たちの考えをまとめ、グループごとでどんなことを書くか話し合い、書き進めました。

2日目の様子1  2日目の様子2

 3日目は、午前中に飼育体験を行い、午後からは前回までのまとめ作りの続きと発表を行いました。学習した内容をもとに自分たちの考えを加え、感想を含めて分かりやすく発表することができました。

3日目の様子1 3日目の様子2

 今回のプログラムを通して、私たちの行動が与える野生動物と環境への影響について考え、環境に配慮した行動をとることの大切さが参加者の小学生に伝わったことと思います。

 作成した壁新聞(ポスター)は、ちびっこふぁーむに掲示しています。ぜひ多くの人に読んでいただき、今回の小学生の活動の足跡に触れ、環境保全のために私たちにできることを考えて欲しいと思います。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

おびひろ動物園

  • 所在:〒080-0846 帯広市字緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2437
  • FAX:0155-24-2439

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • 株式会社新生
  • 広告募集