帯広市野草園-春の花たち

 北海道の春は、遅い雪解けとともに始まります。4月初旬、まだここかしこに消え残っている雪を割ってフキノトウが顔を出すのを合図に、長い冬を耐え忍んできた草花達が一斉に芽吹き、やがて色とりどりの花を咲かせます。春の野草園に咲く花をご覧ください。

春の花たち夏の花たち秋の花たち

※写真をクリックすると、拡大してご覧になれます(ザゼンソウを除く)。

 

ミズバショウ(サトイモ科)

ミズバショウ(サトイモ科)花期 4〜6月

雪解けの後すぐに、白い仏炎苞につつまれた花茎をのばし、10〜30センチメートルほどになります。花は黄色で、葉は花よりおくれて出て1メートルほどにもなります。

ベニバナヤマシャクヤク(ボタン科)

ベニバナヤマシャクヤク(キンポウゲ科)花期 5〜7月

高さ40〜50センチメートルになり、葉は裏に軟毛がつきます。淡紅色の花をつけ、柱頭は長く伸びます。

 

エゾエンゴサク(ケシ科)

エゾエンゴサク(ケシ科)花期 4〜5月

葉は楕円形小葉3枚からなり、高さ15〜20センチメートルになります。花は茎の上部に総状につき、色は青紫、赤紫、白など変化があります。

 

オオバナノエンレイソウ(ユリ科)

オオバナノエンレイソウ(ユリ科)花期 5〜7月

花は上向きに咲き、花びら、がくが3枚ずつあります。葉も3枚で大きく、3づくしの花です。高さ30〜70センチメートル。

フタリシズカ(センリョウ科)

フタリシズカ(センリョウ科) 花期 5〜6月

高さ30〜50センチメートルの多年草で、葉は輪生に見えますが、2組対生しています。花は白色で穂のようになって2本出ます。

キジムシロ(バラ科)

キジムシロ(バラ科)花期 5〜7月

花びらは5枚で先がくぼんでいます。葉は小葉が5〜7枚つき、先のものほど大きく長い毛が密生します。高さ5〜30センチメートル。

 

クロユリ(ユリ科)

クロユリ(ユリ科)花期 6〜7月

まっすぐに立った茎に3〜5枚の葉が輪生し、黒紫色の花を横向きにつけます。帯広市の花に指定されています。

 

ニリンソウ(キンポウゲ科)

ニリンソウ(キンポウゲ科)花期 4〜6月

高さ15〜25センチメートル。二輪の花がつくという意味ですが、中には1個、3個のものもあります。春の山菜フクベラとして知られていますが、葉が毒草のトリカブトに似ているので、注意が必要です。

オオサクラソウ(サクラソウ科)

オオサクラソウ(サクラソウ科)花期 5〜6月

高さ20〜40センチメートルになる多年草で、茎の上に5〜6個の花が輪生します。葉は縁が鋸歯(のこぎりば)状に切れ込んでいます。

サクラスミレ(スミレ科)

サクラスミレ(スミレ科)花期 5〜6月

高さ15センチメートルほどで、花の直径は2センチメートルくらいと、日本のスミレの中で最大の花をつけます。葉は長い柄を持ち、柄に白い毛を持ちます。

 

シラネアオイ(シラネアオイ科)

シラネアオイ(キンポウゲ科)花期 5〜6月

葉はカエデ形で、両面に毛があります。高さ20〜50センチメートル。花は茎の先に1つつき、直径5〜8センチメートルになります。4枚の花びらのように見えるのは、がくです。

 

カタクリ(ユリ科)

カタクリ(ユリ科)花期 4〜5月

高さ10〜15センチメートルになる多年草で、群落をつくって咲く姿は素晴らしいです。
春早く2枚の葉の間から1本の長い花茎を出して、大きな淡紫色の花をつけます。
地下深くに鱗茎(りんけい)を持ち良質のでんぷんを多く含んでいるので古くから食用としていました。

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

アズマイチゲ(キンポウゲ科)花期 4〜5月

高さ15〜2センチメートルの多年草で、日なたに群生します。花は茎の先に1個で、裏面は薄い紅色を帯び花弁のように見えます。がく片は8〜13枚つけます。日が照らない時はしぼみます。

キバナノアマナ(ユリ科)

キバナノアマナ(ユリ科)花期 4〜5月

高さ15〜20センチメートル春早く1枚の葉、1本の茎を出して愛らしい黄色の花を数個つけます。咲いている期間が短く見逃すことがあります。十勝にはかなり多かったのですが、めっきり少なくなりました。

オクエゾサイシン(ウマノスズクサ科)

オクエゾサイシン(ウマノスズクサ科)花期 5〜6月

高さ10〜15センチメートルの多年草で茎には節があり横にはいます。花は暗い紫色で丸い筒形をしており根元に横向きに咲き、目につきませんので葉をよけてみましょう。

コケイラン(ラン科)

コケイラン(ラン科)花期 6〜7月

あまり目立たずひっそりと咲きます。30〜4センチメートルほどになる多年草で多数の花を互生し、色は褐黄色です。小蘭と書き、はシランの意で葉が似ているところから名づけられました。

ザゼンソウ(サトイモ科)

ザゼンソウ(サトイモ科) 花期

湿地に生え、高さは2センチメートルほどになります。3月から5月ごろ、暗紅色の仏炎苞につつまれた肉穂花序をだします。名前は、袈裟を着て座禅を組む僧侶の姿にたとえたもの。

>>帯広市野草園のページへ戻る ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市こども未来部児童会館

  • 所在:〒080-0846 北海道帯広市緑ヶ丘2
  • 電話:0155-24-2434
  • FAX:0155-22-5401

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 株式会社 山下家具
  • 広告を募集しています