家庭の消火器の点検を!

 消火器は火災の初期消火において重要な役割を担っています。
 いざというとき安全に使用するためには、日ごろからの点検が重要です。

消火器の点検ポイント

□  バルブやキャップに緩みがある。
□  安全栓がない、または変形している。
□  ゲージ付きの消火器で、その圧力値を示す針が正常値を示していない。
※いずれかにチェックされた場合、専門業者の点検を受けることをお勧めします。

ご注意ください

 消火器を廃棄するときは、必ず専門業者に依頼してください。

  • 絶対に自分で解体したり、放射したりしないでください。 
  • 工業製品である以上、消火器にも寿命があります。(耐用年数、使用期限等) 
  • 消火器は圧力容器です。維持管理が悪かったり、老朽化していると破裂による人身事故につながる恐れがあります。
消火器

消火器の設置場所は

  • できるだけ風通しがよく、目につきやすい場所に設置する。
  • 直射日光を受ける場所は避ける。
  • 湿気の多い場所や雨水のかかる場所は避ける。

悪徳訪問販売に気をつけて

  • 消火器を通常の価格より高い値段で売りつける、消火器の点検業者と偽って通常より高い点検料をとるなどの、悪徳訪問販売業者には注意してください。
 

 

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

とかち広域消防局帯広消防署指導課

  • 所在:〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3-1
  • 電話:0155-26-9131
  • FAX:0155-26-9133

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 株式会社 山下家具
  • 広告を募集しています