帯広市消防団員募集

消防団員を募集しています!

 消防団は、地域を火災等の災害から守り、地域の消防防災リーダーとして重要な役割を果たしています。
 しかし近年、消防団員数は全国的に減少傾向にあり、当市においても定数400名に対し実員が約350名と定員割れの状況が続いていることから、住民の安全・安心を守るため、団員の確保に取り組んでいます。

消防団とは

 消防団は、消防署と共に火災や災害への対応、予防啓発活動等を行う、消防組織法に基づいた消防組織です。
 地域における消防防災のリーダーとして、各自の仕事に就きながら、「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神をもって活動している地域密着型の組織です。
 火災や大規模災害の活動をはじめ、平時には地域における自主防災組織の育成、指導も行います。
 近年は、女性の消防団への参加も増加しており、特に一人暮らし高齢者宅への防火訪問、応急手当の普及指導などにおいて活躍しています。

消防団集団演習 放水訓練
消防団総合演習 放水訓練

消防団の活動

 消防団員は、日ごろは各自の職業に従事し、火災・風水害・地震など災害が発生したときには「自宅や職場から現場へ駆けつけ、消火活動、救助活動、避難誘導などを行います。

 災害時以外は、消防出初式、総合演習、春・秋の火災予防運動中の広報、歳末警戒などへの出動や、自主防災組織の防災訓練指導など様々な活動を行っています。

1年間の主な行事、活動は次のとおりです。

  • 4月 春の火災予防運動

  • 7月 帯広市消防団総合演習

  • 10月 秋の火災予防運動

  • 1月 帯広消防出初式

地域住民への消火訓練指導
地域住民への消火訓練指導

 

募集条件

  • 市内に住んでいる方で、18歳から50歳位までの方
  • 地域防災活動に関心のある方
  • 心身ともに健康な方

女性も活動していますか?

 現在、全国で約24,000人・帯広で20人の女性消防団員が活躍しています。女性の持つソフトな面を活かして、特に住宅用火災警報器の普及促進、一人暮らしの高齢者宅の防火訪問、住民に対する防災教育及び応急手当の普及指導等においては、女性消防団員が活躍しています。
女性の方へ(総務省消防庁ホームページ)外部リンク

学生でも入団できますか?

 帯広市では18歳から入団できます。多くの市町村が18歳以上を要件としております。全国的に大学生の消防団員も活発に活動しています。現在、学生の消防団員数は全国で約3,300人。学生等、若い力の消防団活動への参加が求められています。
大学生の方へ(総務省消防庁ホームページ)外部リンク

地域住民への消火訓練指導
応急手当指導

消防出初式
消防出初式

処遇について

  • 非常勤特別職の地方公務員となります。
  • 年額報酬と出動手当を支給します。
  • 消防団活動に必要な被服を貸与します。
  • 退職した場合(3年以上の在籍)は、退職報償金を支給します。
  • 公務により負傷等をした場合は、その損害を補償します。
 

消太 入団を希望する方・興味がある方はご連絡ください
 帯広市総務部消防推進室 消防団担当(帯広消防署内)
 帯広市西6条南6丁目3番地
 TEL:0155-26-9128  FAX:0155-26-9133

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部消防推進室

  • 所在:〒080-0016 帯広市西6条南6丁目3
  • 電話:0155-26-9128
  • FAX:0155-26-9133

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • 広告募集