洪水時の避難方法・注意

 洪水時の避難方法・注意と防災関係機関一覧、救急告示病院一覧を記載してあります。

危険を感じたときは自主的に避難してください

 水害のおそれがあるときには、市から避難勧告や避難指示が出されますので、すみやかに避難してください。また、危険を感じたときは自主的に避難してください。

 避難所一覧

 

最新情報はどうやって知るの?

マスコミ

テレビやラジオ等でのニュース速報や気象情報に注意してください。

広報車

・緊急の場合は、市の広報車が市内を回り、「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」などをお知らせします。家外の様子に注意していてください。
※状況によっては、広報車が皆さんの家の近くまで行くことができない場合もあります。

・ご心配な場合は、町内会長さんやご近所との連絡を取り合うことも忘れずにしましょう。

インターネット

▼気象情報・警報など

気象庁ホームページ台風情報外部リンク

現在の帯広市の気象警報・注意報外部リンク

現在の帯広市の気温、降水量(降雪量)など外部リンク

十勝地方の天気予報外部リンク

地震情報外部リンク

帯広測候所外部リンク

 気象庁・帯広測候所のホームページへリンクしています。


▼河川の水位情報

帯広川外部リンク(南1条橋地点)
新帯広川外部リンク(新帯橋地点)
柏林台川外部リンク(柏西台橋地点)
ウツベツ川外部リンク(養鯉橋地点)
売買川外部リンク(鉄平橋地点)
十勝川外部リンク(十勝大橋地点)
札内川外部リンク(札内橋地点)

 国土交通省ホームページ【川の防災情報】へリンクしています。

 

避難時の心得

安全な避難路の確認を

・避難場所までの経路(避難路)はあらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。

避難場所までの経路(避難路)はあらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう

非常持ち出し品の事前準備を

・避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備しておきましょう。

避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備しておきましょう

正確な情報収集と自主的避難を

・ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。
・雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。

ラジオ・テレビで最新の気象情報、災害情報、避難情報に注意しましょう。<br>・雨の降り方や浸水の状況に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう

避難の呼び掛けに注意を

・危険が迫ったときには、役所や消防団から避難の呼び掛けをすることがあります。
・呼び掛けがあった場合には、速やかに避難してください。

危険が迫ったときには、役所や消防団から避難の呼び掛けをすることがあります。呼び掛けがあった場合には、速やかに避難してください

避難する前に

・避難する前に、電気・ガスなどの火元を消し、避難場所を確認しましょう。
・親戚や知人に避難する旨を連絡しておきましょう。

避難する前に、電気・ガスなどの火元を消し、避難場所を確認しましょう。親戚や知人に避難する旨を連絡しておきましょう

速やかに避難しましょう

・避難勧告などは、危険が迫ったときに出されますので、速やかに避難しましょう。
・避難の際には警察などの指示に従いましょう。

避難勧告などは、危険が迫ったときに出されますので、速やかに避難しましょう。避難の際には警察などの指示に従いましょう

お年寄りなどの避難に協力を

・お年寄りや子ども、病気の人などは、早めの避難が必要です。
・近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう。

お年寄りや子ども、病気の人などは、早めの避難が必要です。<br>・近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう

動きやすい格好、2人以上での避難

・避難するときは、動きやすい格好にしましょう。
・2人以上での避難を心掛けましょう。

避難するときは、動きやすい格好にしましょう。2人以上での避難を心掛けましょう

万が一、逃げ遅れたときは

・万が一、避難が遅れ、危険が迫ったときは、近くの丈夫な建物の3階以上に逃げましょう。

万が一、避難が遅れ、危険が迫ったときは、近くの丈夫な建物の3階以上に逃げましょう

高い道路を通りましょう

・避難にはできるだけ高い道路を選び、浸水箇所があった場合は溝や水路に十分注意しましょう。
・がけ地などでは土砂災害に注意しましょう。

避難にはできるだけ高い道路を選び、浸水箇所があった場合は溝や水路に十分注意しましょう。がけ地などでは土砂災害に注意しましょう

車での避難は控えて

・車での避難は緊急車両の通行の妨げになります。
・交通渋滞をまねき、浸水すると動けなくなりますので、特別な場合を除き徒歩で避難しましょう。

交通渋滞をまねき、浸水すると動けなくなりますので、特別な場合を除き徒歩で避難しましょう

堤防などに車を放置しない

・水防活動の妨げになりますので、自動車を堤防や道路に放置しないようにしましょう。

水防活動の妨げになりますので、自動車を堤防や道路に放置しないようにしましょう

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部総務課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4103(直通)
  • FAX:0155-23-0151

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集