固定資産税の減額・減免制度 

 新築住宅や、バリアフリー・耐震・省エネ改修など要件を満たす工事を行った住宅について、固定資産税の減額を受けられます。
 また、災害により甚大な被害を受けた場合などは減免を受けられる場合があります。

改修工事にともなう固定資産税の減額制度

 以下の改修工事を行った住宅は、工事終了後3カ月以内に申請すると、固定資産税が減額されます。(都市計画税は該当しません)

・「バリアフリー改修」のページ

・「耐震改修」のページ

・「省エネ改修」のページ

※バリアフリー改修の減額と省エネ改修の減額との重複の適用が可能です。
※耐震改修の減額は、他の改修工事の減額との重複はできません。
※改修工事の減額と、新築住宅や認定長期優良住宅の減額制度との重複はできません。

新築住宅・認定長期優良住宅の減額制度

 要件を満たす住宅については、一定期間固定資産税が床面積120平方メートルに相当する分まで1/2に減額されます。(都市計画税は該当しません)

・「新築住宅の減額制度」のページ

・「認定長期優良住宅の減額制度」のページ

※新築住宅と認定長期優良住宅の減額制度の重複はできません。
※新築住宅や認定長期優良住宅の減額制度と改修工事の減額の重複はできません。

固定資産税・都市計画税の減免制度

 次の項目に当てはまる固定資産は、申請により減免を受けられる場合があります。

 ・災害により滅失または甚大な損害を受けた固定資産
 ・貧困により生活のため公私の扶助を受ける方の所有する固定資産
 ・公共の用に供する固定資産
 ・公益のために使用する固定資産

※詳しくは ・・・ 固定資産税・都市計画税の減免制度の概要について をご覧ください。

納期限が過ぎたものや、すでに納付されたものは減免できません。

 

固定資産税・都市計画税減免事務取扱要領 (255KB)

 

東日本大震災関連

 東日本大震災による被害を受けられた人への減免措置などです。
詳しくはこちらの資料をご覧ください。

PDFファイル東日本大震災関連の減免措置など

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部資産税課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4122(土地)、0155-65-4123(家屋)、0155-65-4124(償却資産)
  • FAX:0155-23-0154

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集