従業員の退職や転勤などに係る届出について

 従業員が退職や転勤などの理由により、給与の支払いを受けなくなった場合は、必ず翌月の10日までに「特別徴収に係る給与所得者異動届出書」を提出し、残りの税額の納入方法をお知らせください。

異動届出書を提出してください

 提出期限(翌月の10日)の厳守をお願いします。

異動届の提出が遅れた場合

 「納税通知書」の発送が遅れるため、納税者が一度に多額の納付をしなければならない場合があります。

異動届が未提出の場合

 完納証明書などの交付が受けられない場合があります。


 なお、残りの税額の納入方法は、下記の通りです。

一括徴収の場合

6月〜12月の間に退職、休職する場合

 納税者の希望により普通徴収(個人納付)も選択できますが、なるべく一括徴収をご指導くださるようお願いいたします。

1月〜4月の間に退職、休職する場合

 本人の申し出の有無に関わらず、必ず一括徴収してください。

※ただし、死亡退職の場合は、退職月に関係なく普通徴収に切替えてください。

普通徴収(個人納付)の場合

 退職や転勤後の残りの税額を普通徴収に切り替えると、本人あてに納付書が送られます。
 この納付書により、本人がコンビニや金融機関などで納入することになります。

転勤などにより新しい勤務先で特別徴収を継続する場合

 給与所得者が転勤先または退職後の新勤務先で、引き続き特別徴収の希望をする場合は、事前に転勤先の経理担当者と連絡をとり、「異動届出書」に以下の事項を記入し提出してください。

・新勤務先の名称

・新勤務先の所在地

・新勤務先へ何月分から徴収するよう連絡済であるか

届出書の様式・記載例

特別徴収関係の申請・届出様式のダウンロード」のページ

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部市民税課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4120(直通)
  • FAX:0155-23-0154

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 社会福祉法人普仁会
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集