行政不服審査制度の見直し(平成28年4月1日)

 行政処分に関し国民が不服を申し立てる制度(行政不服審査制度)が大幅に見直しがされました。

行服イメージ

 

  1. 公正性の向上
    審理において、審理員(職員のうち処分に関与しない者)が、両者の主張を公正に審理し、裁決案を作成します。
    裁決について、帯広市行政不服審査会(有識者からなる第三者機関)がチェックします。
    証拠書類のコピーを求めることができるなど、審理手続における審査請求人の権利を拡充します。

  2. 使いやすさの向上
    不服申立てをすることができる期間を60日から3か月に延長します。
    不服申立ての手続を審査請求に一元化します。
    標準審理期間の設定、争点・証拠の事前整理手続の導入などにより、迅速な審理を確保します。
    不服申立前置(不服申立てを経なければ裁判所に訴訟を提起できないとする定め)が廃止・縮小されます。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部行政推進室

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4112(直通)
  • FAX:0155-23-0151

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集