34.下士幌越中渡船(越中渡し)跡

標示板設置場所

 帯広市東9条北1丁目

史跡所在地

 帯広市東10条北2丁目付近

越中渡し(渡船場)跡掲示板写真

※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

越中渡し(渡船場)

現在の状況


より大きな地図で 34.下士幌越中渡船(越中渡し)跡 を表示

 

説明

 十勝・帯広の開拓初期には、渡船が重要な交通手段でした。

 この渡船場は、明治33(1900)年、官設として設置され、オベリベリ(現在の東10条北2丁目)付近とモッケナシ(現在の音更町字下士幌)付近を往復していました。

 その後、官設としては大正8(1919)年8月限りで廃止され、委託で富山県出身の新居氏が経営を始めました。

 当時は、帯広と音更を結ぶ重要な交通機関であり、人だけではなく、家畜、農作物、営農用具などを運んでいました。

 しかし、昭和16(1941)年に十勝大橋が完成するなど、渡船の利用者は減少を続け、昭和27(1952)年、その役割を終えました。

帯広市史跡標示板の一覧へ戻る

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市生涯学習部文化課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4209(直通)
  • FAX:0155-23-6142

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集