16.宮本遺跡

標示板設置場所

 帯広市西20条南6丁目2-1
 森の交流館・十勝内

史跡所在地

 帯広市西20条南6丁目2-1
 森の交流館・十勝内 付近一帯

宮本遺跡標示板写真

※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

現在の状況


より大きな地図で 16.宮本遺跡 を表示

 

説明

 宮本遺跡は、昭和58〜60年の自由が丘団地造成と、平成5〜6年の帯広国際センター等建設の際に発掘調査が行われました。おもに縄文時代前期〜中期(約6千〜4千年前)の多量の土器・石器類と竪穴住居跡、貯蔵穴、落し穴などが見つかりました。

 落し穴はシカを獲るためのもので、長さ約3メートル、幅約1メートル、深さ約1メートルの溝状に掘られ、19基ありました。石器についても、「すり石」と呼ばれる木の実などをすりつぶす道具が多く見つかったことから、この場所が当時「狩りの場」「植物質食料を加工する場」として利用されていたと考えられます。

 

帯広百年記念館「帯広の遺跡」のページへ外部リンク

帯広市史跡標示板の一覧へ戻る

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市生涯学習部文化課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4209(直通)
  • FAX:0155-23-6142

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集