10.空港南A遺跡

標示板設置場所

 帯広市泉町西7線中10-11

史跡所在地

 帯広市泉町西7線中10 付近一帯

空港南A遺跡標示板写真

※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

現在の状況


より大きな地図で 10.空港南A遺跡 を表示

 

説明

 この遺跡は、帯広空港整備事業中の昭和56年に、地元の考古学愛好家によって発見されました。昭和57年には遺跡の範囲を明らかにするための試掘調査と、農道整備のための発掘調査が行われ、旧石器時代の大規模な遺跡であることがわかりました。

 調査では、石刃石器群(2万年以上前)、細石刃石器群(2万〜1万5千年前)、有茎尖頭器石器群(1万5千〜1万2千年前)が層位的に見つかり、複数の文化層が良好な状態で残っている貴重な遺跡であることが明らかになりました。

 遺跡は、「周知の埋蔵文化財包蔵地」として保存・保護の対象となっています。出土した遺物は帯広百年記念館に収蔵・展示されています。

 

帯広百年記念館「帯広の遺跡」のページへ外部リンク

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市生涯学習部文化課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4209(直通)
  • FAX:0155-23-6142

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集