6.川西C遺跡

標示板設置場所

 帯広市西15条南39丁目
 稲田小学校敷地内

史跡所在地

 稲田小学校付近一帯

川西C遺跡標示板写真

※画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

現在の状況


より大きな地図で 6.川西C遺跡 を表示

 

説明

 旧石器時代から縄文時代の遺跡です。平成8から11年にかけて行われた発掘調査では、石刃製の石器や片刃礫器、顔料などが出土しました。また、焼土(焚き火の跡)も発見され、そこから見つかった炭化物の年代測定では、約21,500年前という結果が出ています。

 出土した石器の多くは、十勝地方で採集された黒曜石で作られたものですが、中には置戸産のものも含まれており、当時の人たちの広域的な活動を物語っています。

 この年代の遺跡でこれほど多くの石刃製の石器が出土したのは、北海道内では川西C遺跡がはじめてで、片刃礫器や顔料が多量に出土したことも前例がなく、学術上非常に貴重な遺跡となっています。

 

帯広百年記念館「帯広の遺跡」のページへ外部リンク

帯広市史跡標示板の一覧へ戻る 

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市生涯学習部文化課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4209(直通)
  • FAX:0155-23-6142

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集