Hello there!〜帯広のなかのセカイ〜

森の交流館・十勝から国際交流の様子などを紹介します。
▽問 森の交流館・十勝(西20南6、電話34・0122)

中国で大人気の「愛ちゃん」 広報おびひろ平成29年3月号

 ニーハオ(こんにちは)!中国出身の国際交流員、トウ イシンです。さて問題です。中国で老若男女問わず、誰からも好かれている日本人は誰だと思いますか。
 その日本人とは、アイドルや俳優ではなく、日本を代表する卓球選手の福原愛さんです。日本人なら誰でも知っている「愛ちゃん」は中国でも大人気で、中国最大のSNS「weibo」でのフォロワー数は270万人以上です。
 笑顔がかわいい、卓球が上手など、人気が高い理由はさまざまですが、親近感があることが一番の理由ではないかと私は思います。
 愛ちゃんは17歳からの中国生活で、中国語の「東北弁」(中国東北地方の方言)も身に付けました。昨年、台湾出身の卓球選手と結婚した時は、どちらもなまりが強い「東北弁と台湾弁の対決」も話題になっていました。
 中国でこれだけ愛されている日本人は、高倉健さん以来かもしれません。愛ちゃんには、これからも活躍してもらいたいです。

帯広市国際交流員のブログQRコード  ※「帯広市国際交流員のブログ」(https://obihirocir.wordpress.com)では、卓球と帯広の意外なつながりを紹介しています。ぜひご覧ください。

トウ イシンさん

トウ イシンさん

卓球のラケット

アメリカの「車事情」 広報おびひろ平成28年12月号

 Aloha!ハワイ出身の国際交流員、レ・イレインです。今回は、ドライブが趣味の私が、ハワイをはじめとするアメリカの車事情を紹介します。
 アメリカでは州によって、車のナンバープレートや運転証のデザインが違います。その中でも、ハワイは特にカラフルなナンバープレートです。ハワイは、「The Rainbow State (虹の州の意味)」とも呼ばれているので、ナンバープレートに大きな虹がデザインされています。また、帯広市の国際姉妹都市マディソン市があるウィスコンシン州は、アメリカ最大のチーズ生産州なので「America's Dairyland(アメリカの酪農の地の意味)」と書かれています。もう一つの国際姉妹都市スワード市があるアラスカ州は、州の色の紺色と黄色で「The Last Frontier(最後のフロンティアの意味)」と書かれています。アメリカに来たら、ぜひナンバープレートに注目してみてください。
 北海道の冬は、雪で運転がなかなか大変ですよね。一年中暖かいハワイに行って、ドライブしてみませんか。ハワイでは、日本の運転免許だけでレンタカーを借りられますよ(国際運転免許証は不要)!車は日本と反対の右側通行なので、十分気をつけて楽しんでほしいです。

帯広市国際交流員のブログQRコード  ※もっと詳しく知りたい人は、「帯広市国際交流員のブログ」(https://obihirocir.wordpress.com)をご覧ください。

イレインさん

イレインさん

ハワイのナンバープレートが付いている車
ハワイのナンバープレートが付いている車

ブラジルの「リフレッシュウイーク」 広報おびひろ平成28年9月号

 Olá pessoal!(オラ ペソアウ、「皆さん、こんにちは!」)ブラジル出身の国際交流員、成田カレンです。今回はブラジルの「リフレッシュウイーク」を紹介します。
 ブラジルの学校では9月に試験があって学生たちは大忙しです。11月には大学入試があるので、高校生はピリピリしています。そんな状況を解消するためか、ブラジルには10月に「リフレッシュウイーク」(大型連休)があります。日本でいうシルバーウイークのような感じです。高校3年生はこの休みを使って卒業旅行に行ったり、大学入試模試などを受けたりします。他にも、2月には日本のゴールデンウイークに当たる「カーニバルウイーク」があります。
 10月の連休中はビーチや観光地が混み合いますので、ブラジルを旅行するならリフレッシュウイークを避けて計画すると良いかもしれません。

帯広市国際交流員のブログQRコード  ※もっと詳しく知りたい人は、「帯広市国際交流員のブログ」(https://obihirocir.wordpress.com)をご覧ください。

成田カレンさん

成田 カレンさん

休日で混み合うバスターミナル(サンパウロ市)
休日で混み合うバスターミナル(サンパウロ市)

タイのお正月「ソンクラーン」 広報おびひろ平成28年6月号

 さばいでぃーまいかー(さばいでぃーまいかー)元気ですか?タイ出身の国際交流員、ナームウォン・ボンコットです。
 今回は、4月13日〜15日のタイのお正月「ソンクラーン」で行われる「水遊び」を紹介します。
 タイでは、ソンクラーン期間中に、通行人同士が朝から晩まで全身ずぶぬれになるほど水を掛け合います。これに参加しようと世界中から観光客が集まってくるほどの人気です。もともとは仏像や仏塔、家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをする伝統的な風習で、それが転じて現在では水を掛け合うお祭りになっています。
 ソンクラーンを楽しむには、出掛ける前の準備が大切。服装は、派手なタイ風のシャツを着て、気分を高めましょう。日焼け止めや、財布などを入れる防水バッグも必要です。そして忘れてはいけないのが、水鉄砲やバケツです。
 バンコクなどの大都市だと、イベント会場が設置されるので必見です。ソンクラーンの時期に、ぜひタイにお越しください。

帯広市国際交流員のブログQRコード  ※詳しくは「帯広市国際交流員のブログ(https://obihirocir.wordpress.com)」 で紹介しています。

タイ出身の国際交流員 ナームウォン・ボンコット

ボンコットさん

ソンクラーンでの水掛けの様子
ソンクラーンでの水掛けの様子

「国際フェスタ in とかち 2016」 広報おびひろ平成28年2月号

  さわっでぃーか(さわっでぃーか)こんにちは!タイ出身の国際交流員のナームウォン・ボンコットです。
 2月13日(土)と14日(日)の10時〜15時に行われる「国際フェスタ in とかち 2016」をお伝えします。
 国際フェスタは、十勝から世界に羽ばたく人材を育てるために開催するイベントで、森の交流館・十勝とJICA北海道(帯広)を会場に、子ども向け英会話レッスンや映画無料上映会、帯広畜産大学留学生による海外の料理紹介、景品がもらえるスペシャルラリーを行います。フェアトレードコーナー、JICA館内ツアー、JICA事業紹介やボランティア相談コーナー、研修員との交流プログラムなども予定されています。
 私はタイにいたころ、ハンディキャップセンター(障害者活動施設)でボランティアをしたことがあり、知らない世界や物事を経験することで、自分の視野が広がった覚えがあります。普段、海外のことを知る機会が少ない人にも、ぜひ国際フェスタにお越しいただき、国際交流や途上国支援への理解を深めるきっかけにしていただければと思います。
れーお・ちゅーかん・まい・なか(れーお・ちゅーかん・まい・なか)また会いましょうね!

タイ出身の国際交流員 ナームウォン・ボンコット

海外の料理を紹介・試食
海外の料理を紹介・試食

「森のハロウィーン」 広報おびひろ平成27年10月号

 Olá(こんにちは)! ブラジル出身の国際交流員のナリタです。
 ハロウィーンはヨーロッパを発祥とするお祭りで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味を持つ行事でしたが、現在ではその意味合いは薄れ、誰でも気軽に楽しめるイベントになってきました。
 私の出身国のブラジルでは、ハロウィーンはカーニバルに比べるとあまりメジャーなイベントではありません。仮装もブラジルでは魔女など「怖いモノ」に変装することが多いですが、日本ではかわいい仮装を取り入れることが多く、とても驚きました。日本のハロウィーンの方が、楽しくにぎやかなイメージがありますね。
 本当のハロウィーンは10月31日ですが、一足早い25日(日)に森の交流館・十勝で行われるイベント「森のハロウィーン」にも、ぜひかわいい仮装で遊びに来てくださいね。仮装コンテストや、仮装した子どもがお菓子をもらう「トリック・オア・トリート」などに参加できますよ。Ate logo(またね)!

ブラジルの魔女です
ブラジルの魔女です
当日の交流館はハロウィーン一色です
当日の交流館はハロウィーン一色です

「世界のともだち」 広報おびひろ平成27年7月号

国際交流員 ニタさん Hello, everyone. 国際交流員のニタです。
 森の交流館・十勝で行われる7月のビッグイベント「世界のともだち」をご存知ですか。日ごろ触れ合う機会の少ない帯広在住の外国人と一緒に楽しむ国際交流イベントで、今年は7月5日(日)に森の交流館・十勝とJICA北海道(帯広)で開催します。ぬり絵や工作で遊べるキッズコーナー、景品がもらえるスペシャルラリー、留学生によるステージパフォーマンスなど、多彩な催しが予定されています。
 その中でも僕が特に注目しているのは屋台です。今年も帯広畜産大学留学生の協力を得て、世界の食を体験できる「ザ・屋台」を開催する予定なので、この機会に世界旅行気分を味わいましょう。
 ちなみに、帯広市の国際姉妹都市で、僕が大学時代に暮らしていたマディソン市では、「フードカート(移動屋台)フェスタ」というイベントがあります。さまざまな国の料理を試食できるので、マディソン市を訪れたときにやっていればぜひ足を運んでみてくださいね。
 それでは、「世界のともだち」の会場で会いましょう。See you then!

世界各国から来帯しているJICA研修員も参加
世界各国から来帯しているJICA研修員も参加
マディソン市の「フードカートフェスタ」
マディソン市の「フードカートフェスタ」

来たれ!未来の国際人! 広報おびひろ平成27年3月号

 森の交流館・十勝で2カ月に1度開催している「キッズ・プレイグラウンド」をご存知ですか。6歳までの未就学児童を対象に開催している国際交流イベントで、子どもたちは外国人ゲストと一緒に外国の歌や絵本、手遊びなどを楽しむことができます。会場には保育士もいるので、親子で安心して参加できますよ。
 1月17日は、熱帯の国スリランカ出身の帯広畜産大学留学生レヌカさんを迎えて、スリランカでよく見かける紙製ランタンやニューイヤーカードを一緒に作ったり、絵本の時間としてレヌカさんがスリランカのお話を読んであげたりしました。その後、レヌカさんが得意のダンスを披露し、子どもたちは興味深そうに見ていました。今回紹介したダンスは、スリランカのお正月(毎年4月)に子どもたちが踊るものです。
 次回は英会話学校の外国人講師をゲストに迎え、英語の歌や絵本、手遊びゲームなどで遊ぶ予定ですので、ぜひ皆さんご参加ください。

「キッズ・プレイグラウンド」の様子 「キッズ・プレイグラウンド」の様子

国際交流員が活躍しています 広報おびひろ平成26年11月号

国際交流員 帯広市には、アメリカ、フィリピン、中国、ブラジルからの国際交流員4人が所属し、それぞれの出身国の生活や文化、風習を広く紹介するために毎年市内の小中学校を訪問しています。今年度は小学校16校へ訪問する予定です。
 交流員は、写真や映像などでその国の様子や文化を紹介したり、その国の言葉で挨拶を交わしたり、一緒に体を動かして遊んだり、その国の料理を作ったりしながら、子どもたちに異文化に対する理解を深めてもらえるような授業を行っています。
 交流員の授業を受けた子どもたちからは、「見たことのない写真を見てびっくりした」、「一緒に作ったお菓子がおいしかった」、「いろいろなことを教えてもらって勉強になったし、楽しかった」、「また来てください」など、うれしいお便りが届いています。
 もし皆さんの学校で交流員を見かけたときには気軽に声を掛けてくださいね。交流員もきっと笑顔で応えてくれますよ。
 4人の交流員は、これからも帯広の子どもたちが国際感覚豊かな人材に育つようお手伝いしていきます。

「世界のともだち」でにぎわいました 広報おびひろ平成26年9月号

 管内最大級の国際交流イベント「世界のともだち」を7月6日に開催しました。当日は、多くの子どもたちがスペシャルラリーやゲームなどを通じ、帯広市を訪れているJICA研修員との交流を楽しみました。
 来場された皆さんは行列を作りながら、帯広畜産大学の留学生が提供する料理の数々に舌鼓を打っていました。屋台は好評で、開店早々に売り切れとなるメニューもあり、食べられずに残念がるお客様もいました。
 さて、留学生が作った料理を食べた皆さんは各国の味の違いが分かりましたか。例えば、焼き串は、インドネシア、フィリピン、中国の3カ国の留学生グループがそれぞれ異なる味付けで出品していたんですよ。今年来場できなかった皆さんは、来年ぜひ異文化を実体験できる「世界のともだち」にお越しください。

国際交流イベント 屋台の様子

布ぞうり作りを体験〜 広報おびひろ平成26年7月号

ぞうり作り スイスで活躍中の帯広出身アーティスト関根葉月さんを講師に、「古いTシャツを利用した布ぞうり作りワークショップ」を開催し、市民や世界各国から帯広を訪れている畜大留学生、JICA研修員など30人余りが参加しました。
 関根さんからは、エコロジーとアートがテーマの展覧会を手伝ったことで、エコロジーの考えを取り入れた布ぞうり作りを始めたことや、現在暮らしている「時計の街」、「世界遺産の街」のお話もありました。
 日本とスイスの国交樹立150周年の本年、スイス在住の帯広出身者を迎えて事業が実現できたことは、奇妙な偶然の重なりによります。日本文化の素晴らしさと優しい履き心地で参加者の心を捉えた布ぞうりが、スイスで広がるとうれしいですね。(5月11日)

クロスカントリースキーを体験〜 広報おびひろ平成26年5月号

 3月9日、帯広の森で管内在住外国人向けのクロスカントリースキー講習会を実施しました。
 当日は帯広畜産大学留学生とJICA研修員、管内在住外国人およそ20人が参加して、冬の帯広の森を散策しました。
参加者のほとんどがクロスカントリースキー初体験で、転倒した人も多かったですが、冬の帯広を満喫しながら、最後まで楽しそうに滑っていました。
 参加者からは「ぜひまたやってみたい」「とても楽しかった」などの声が寄せられました。

クロスカントリースキーを体験  クロスカントリースキーを体験

「広報おびひろ」のページへ戻る ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部親善交流課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4133(直通)
  • FAX:0155-23-0171

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集