正しいはかりを使いましょう(計量法)

 私たちは、日常の暮らしで食料品や生活必需品を購入しています。この計量が正しく行われているか、市が市民の皆さんに代わって業者への計量器の検査・指導を行っています。
 検査に合格した事業者の目印は、合格シールです。
 

はかりの検査

定期検査(計量法第19条・第21条)

合格シール(見本)・宅配便の料金特定など取引・証明に使用されている計量器は、2年に1度検査を受けていただいています。(有料)
・検査に合格した事業者には、合格シールを皆さんの見やすいところに貼っています。
・事業者の方へ…特定計量器定期検査手数料一覧表x162KB)

平成24年4月1日から手数料の額が変わりました。
特定計量器定期検査等手数料改定一覧表(x49KB)をご覧ください。

立入検査(計量法第148条)

 立入検査は、適正な計量の実施が確保されているか検査をしたり、質問などをできる権限が与えられた行政行為です。
 立入検査には、次の種類があります。
(1)使用中の計量器を検査する「計量器立入検査」
(2)精米や食肉などを製造、袋詰及び販売する事業者(大規模小売店など)で、商品の量目や表示の検査を行う「特定商品量目立入検査」

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部安心安全推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4132(直通)
  • FAX:0155-23-0171

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • LED照明のご用命は株式会社エコマックスジャパン
  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • 広告募集