古くなった消火器は危険です!〜腐食による破裂事故が起きています〜

 腐食した消火器の破裂事故が起きています。
 消火器の適切な保管方法と使用しなくなった後の処理が必要です。

腐食した消火器の事故が発生しています

消火器 他府県において、平成21年9月15日、16日と2件続けて、腐食した消火器を操作したことにより、負傷者が出る事故が起きました。

 この事故を受け、消費者庁・総務省消防庁より注意喚起の文書が出されました。

 過去にも同様の事故が数多くあり、死亡事故も起きています。

 総務省消防庁によると、消火器本体の一般的な耐用年数は8〜10年とのことですが、保管する場所や状況によっては、腐食が早く進む場合もあります。

消火器の取り扱いの注意点

 次の点に注意して管理しましょう。

  1. 消火器を風雨のさらされる場所や、湿気の多い場所に設置しないこと。
  2. 消火器の状態を目で見て確認し、腐食が進んでいるものは、絶対に使用しないこと。
  3. 不用になった消火器は、消火剤の放射や解体といった廃棄処理は自分で行わず、回収を行っている専門業者に廃棄処理を依頼すること。

※特に腐食が進んでいる加圧式の消火器は、破裂の可能性が大きいので、速やかに専門業者に処理を依頼してください。

(参考)消火器の点検ポイント

 次のページをご覧ください。
 「家庭の消火器の点検を!」のページ

(参考)古くなった消火器の処分

 次のページをご覧ください。
 「不要になった消火器を廃棄するには」のページ

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部安心安全推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4132(直通)
  • FAX:0155-23-0171

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集