防犯・子どもの安全

犯罪被害者の現状・相談窓口

 ある日突然、何の落ち度もない人々が犯罪に巻き込まれ、命を落したり、障害を負ってしまうことがあります。
 被害者やそのご家族・ご遺族のために何ができるのか、もし不幸にして自分の身近な人が被害に遭ったらどのように向き合えばよいのか、私たち一人ひとりが、日ごろから、被害者の声に耳を傾け考えることが大切です。

犯罪被害者の現状

 犯罪の被害に遭われた方やそのご家族・ご遺族は、犯罪そのものによる心身の被害のみならず、その後の日常生活においても、犯罪によって受けた傷と向き合い続けなければならないといわれています。
 このような状況を理解し、再び平穏な生活を営むことができるよう地域で支えていくことは、安全で安心して暮らせる社会の実現につながります。

犯罪被害者の抱えるさまざまな問題の例

【心身の不調】
・感情や感覚のまひ
・事件に関することが頭の中によみがえる など

【生活上の問題】
・医療費、弁護士費用など多額の出費
・自宅が事件現場であり、再被害を恐れての転居 など

【周囲の人の言動による傷つき】
・周囲の人からの興味本位な質問
・民事裁判を起こすと「お金が欲しいだけだろう」と言われる
・心情に沿わない安易な励ましや慰め など

【加害者からの更なる被害】
・加害者側の責任逃れや事実と違う主張
・報復をされるのではないかとの不安 など

【捜査・裁判に伴うさまざま負担】
・事件について何度も説明をさせられる
・慣れない法廷への出廷 など

犯罪被害に遭われたときの相談窓口

 犯罪被害に遭った後、「どうしてよいかわからない、どこに相談してよいかわからない」という状況に陥ってしまうことがあります。

 市や国などでは、犯罪被害に遭われた方が再び平穏な生活を営むことができるよう取り組んでいます。

市民相談室

 帯広市では、市庁舎1階市民相談室で、犯罪の被害に遭いその後の生活で困っている方の相談に応じています。

 相談の内容に応じて、専門の機関や団体などを紹介いたしますので、ひとりで悩みを抱え込まずにお気軽にご相談ください。

くらしの相談窓口」のページ

国などの取り組み

 国や北海道などの行政機関、民間の犯罪被害者支援団体など、さまざまな機関・団体が、犯罪の被害に遭われた方を支えるために活動しています。

外部リンク犯罪被害者等施策(内閣府)

外部リンク犯罪被害者等への支援に関する情報(北海道)

外部リンク犯罪被害に遭われたかたへ(北海道警察本部)

外部リンク犯罪被害者等支援事業(社団法人北海道家庭生活総合カウンセリングセンター)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民活動部安心安全推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4132(直通)
  • FAX:0155-23-0171

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 株式会社 山下家具
  • 広告を募集しています