ごみの飛散対策 

      カラスに荒らされ道路や歩道にごみが散乱している光景を見かけることがあります。

      散乱したごみは周囲を汚し、美観上も好ましくありません。

      カラスや風によるごみの飛散を防ぐために、収集日や分別など基本的なルールを守るのはもちろん、

      ごみを出す方のひとりひとりが出し方を工夫することで飛散被害をある程度防ぐことができます。 

karasugomi

 

カラスに荒らされないための工夫

   カラスは食料を得るためにごみをあさります。

【その1】   カラスのエサとなる生ごみを減らしましょう。

        食品を「買いすぎない」「残さない」ことを心がけましょう。また、生ごみ堆肥容器化や電動生ごみ処理機を使って

        生ごみを少なくすることも有効です。

                                                            生ごみ堆肥化容器と電動生ごみ処理機の購入助成

                                                            ダンボールコンポストの作り方

【その2】   生ごみなどカラスのエサとなるものを見えなくします

         カラスは臭いではなく、発達した目でエサを探していると言われています。

         生ごみは

          1 十分に水を切って、小袋にいれます。

          2 その袋を新聞紙やチラシなどで包みます。

          3 さらに、ごみ袋の中心に隠すように入れます。

         紙製・プラスチック製容器包装などの資源ごみは食品などの内容物を残さず汚れを落として出します。

【その3】   カラスとごみを物理的に遮断します。

         飛散防止ネットなどを使いカラスがごみ袋に近づけないようにします。

         飛散防止ネットは市内ごみステーションに普及していますが、隙間からごみを引き出し、荒らされてしまう

        場合もあります

        せっかく用意されている飛散防止ネットですから、有効に使ってごみの飛散防止をなくしましょう。

           1 ネットのふちにチェーンなどのおもりをつける。

           2 下の図のようにネットのまわりに重石をおく。

hisanneto

♣ポイント大きめのネットを

用意してごみはネットの中に

(できるだけ中央に)  確実に

入れましょう。 

        

       カラスは学習能力が高く、ひとたび目をつけられたごみステーションは何度も被害に遭う傾向にあります。

       カラスがこなくなるまで継続して対策を講じていかなければなりません。

       これまでの対策で不十分な場合は、飛散防止ネットの効果を高める補助器材として

       「おびひろタイプカラスよけサークル」を紹介しています。

lkarasuyoke

 

   おびびろタイプ「カラスよけサークル」

                                         作り方・使い方はこちら    PDFファイルおびひろタイプ「カラスよけサークル」作り方・使い方マニュアル (1459KB)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部清掃事業課

  • 所在:〒080-2464 帯広市西24条北4丁目1
  • 電話:0155-37-2311(直通)
  • FAX:0155-37-2313

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集