有効なパスポートを所有する方が新規に申請する場合

申請できるパターン

パスポートの残存有効期間が1年未満となった

 パスポートの残存有効期間が1年以上ある場合でも、赴任や留学などで長期滞在する際には、新たにパスポートを取得することができます。
 この場合には、赴任命令書や入学許可証などをご持参ください。

パスポートの査証欄が少なくなった

 査証欄増補申請により、パスポート1冊につき1回だけ査証頁を増やす(40ページ)ことができます。
 手数料は2,500円
 詳しくはこちらをご覧ください。

パスポートの氏名・本籍の都道府県名が変更になった

 記載事項変更旅券の発給申請となります。
 手数料は6,000円
 詳しくはこちらをご覧ください。

パスポートを損傷した

従来のパスポートからICパスポートへ切り替えたい

必要書類

1  一般旅券発給申請書   1通 
2  写真  (規格が厳格に決まっています)
 外務省「パスポート申請用写真の規格について」 外部リンク
 1枚 
3  現在お持ちの有効なパスポート    
4

 パスポートの記載事項に変更がある方のみ

(氏名や本籍の都道府県に変更があった場合) 

戸籍抄本または戸籍謄本(交付後6カ月以内のもの)

※同一戸籍の方が同時に申請される場合は、戸籍謄本一通で全員の申請が可能です。

 1通 
5  印鑑(朱肉を使用するもの・認印で結構です)   1本 

 ※ この時点で有効だったパスポートには無効(VOID)印を押印した上で、新しいパスポートをお渡しする際にお返しします。
 ※ 返納されたパスポートの残存有効期間は切り捨てになり、旅券番号も変わります。

申請

  • 申請受付の窓口は、帯広駅戸籍住民課分室(JR帯広駅東館2階)となります。
  • パスポートは申請してから受領まで、祝日や年末年始を除いて約2週間かかります。
  • 渡航先によってはビザが必要になりますので、パスポート申請は時間に余裕を持って行なって下さい。

受領

  • パスポートは、年齢に関係なく申請者本人のみが受け取ることができます。代理人による受け取りは認められませんので、ご注意下さい。
  • パスポートを受け取るときは、申請時にお渡しする旅券引換書、手数料が必要になります。
      ※手数料は、収入印紙と北海道収入証紙でお支払いいただきます。
  • 交付予定日から、できるだけ早く受け取りにおいで下さい。パスポートは、発行日から6ヶ月以内に受け取らなければ失効しますのでご注意下さい。

手数料一覧表

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部戸籍住民課

  • 所在:〒080-0012 帯広市西2条南12丁目 帯広駅構内エスタ東館2階
  • 電話:0155-28-2996(直通)
  • FAX:0155-28-2678

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集