外国人住民の制度変更について

平成24年7月9日から、外国人登録制度は廃止され、外国人住民の方は、住民基本台帳法の適用対象となりました。新制度開始により、手続等に変更点がありますので次のとおり確認してください。

外国人住民登録の対象者 

  外国人の住民登録の対象者は、3ヶ月を超える在留期間がある方です。
  旧外国人登録制度とは異なり、在留資格が「短期滞在」の方、在留期間が3ヶ月以下の方、在留資格がない方は登録の対象外となります。
  また、「公用」や「外交」これに準ずるものとして法務省令で定める在留資格についても対象外です。

住民票の作成

  平成24年7月9日より、外国人の住民登録の対象者の方には日本人と同様に住民票が作成されています。
  また、日本人と外国人で構成される世帯については、世帯全員が記載された住民票が発行できるようになりました。
  なお、以前の「外国人登録原票記載事項証明書」の発行はできません。
  居住地履歴や上陸許可年月日などの外国人登録の情報は住民票には記載されませんので、必要な方は、入国管理局へ開示請求をおこなっていただきますようお願いします。

 平成25年7月8日より、外国人住民の方に住民票コードが付番されています。

 これに伴い、住民基本台帳ネットワークの運用が開始され、住民票の広域交付、住民基本台帳カードの交付、転入届の特例、電子証明書の交付ができるようになりました。

在留カード・特別永住者証明書への切替について

   制度変更に伴い、中長期在留者の方には入国管理局にて「在留カード」、特別永住者の方には市役所にて「特別永住者証明書」が交付されます。しばらくの間は、現在お持ちの「外国人登録証明書」を新制度の証とみなしてご利用いただけます。
使用期限は在留資格や年齢によって異なりますので、下記の表をご覧ください。
※ 下記の期間内に切替の申請を行ってください。

外国人登録証明書を使用できる期間
  永住者 非永住者 特別永住者
施行日に16歳以上 施行後3年を経過する日 在留期間満了日 登録証記載の有効期限の日と施行後3年を経過する日の遅い方
施行日に16歳未満 施行後3年を経過する日と16歳の誕生日の早い方 在留期間満了日と16歳の誕生日の早い方 16歳の誕生日
 在留カード・特別永住者証明書への切替申請、交付場所
  永住者 非永住者 特別永住者
入国管理局 入国管理局 市役所戸籍住民課

施行日:平成24年7月9日
 
外部リンク 総務省「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」
外部リンク 法務省「新しい在留管理制度がスタート!」
外部リンク 法務省「特別永住者の制度が変わります!」

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部戸籍住民課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4141(直通)
  • FAX:0155-27-0326

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集