転出届

日本国内の他市町村へ転出するとき

  • 転出先が決まりましたら、帯広市で転出届をして転出証明書を受け取ってください

 

日本国外への転出

  • 日本国外に生活の拠点を移されるときは、必ず帯広市役所戸籍住民課の窓口にて国外転出の届出をおこなってください

 

届け出の期間

  • 転出する日のおおむね2週間前から手続きできます

 

お願い

  • 届け出をするときは、事前に番地や枝番などを確認してください。
  • 転出届を郵送などで行う場合は、「郵送による転出届」のページをご覧ください。 

 

届出場所

  • 戸籍住民課(市庁舎1階)
  • 川西支所
  • 大正支所
 

必要なもの

  • 届出人の本人確認書類
  • 委任状(代理人(同一世帯員以外の任意代理人が届け出をする場合)

    <届出人の本人確認書類が必要となります>
      他人になりすました虚偽の住民異動届を防止するため、届け出を受理する際に、窓口で届出人の本人確認を実施します。 
      転出届を提出の際には、次の証明書をご持参ください。

     官公署が発行した顔写真つきの証明書(運転免許証・パスポートなど)の場合は1点、また、顔写真つきの証明書がないときは、
      健康保険証・年金手帳・預金通帳など2点
      いずれもお持ちでない場合は、異動者本人に届け出があったことを郵便でお知らせします。

(国外へ転出の方)

通知カードをご持参ください。返納の手続きが必要となります。 

 ※ほかに、転出届に併せて手続きが必要な場合があります。次のファイルをご覧ください。

 PDFファイル 転出届に併せて必要な手続き一覧表(136KB)

住民基本台帳カード・マイナンバーカードをお持ちの方へ

・平成24年7月9日より、帯広市外へ引っ越ししてもお手持ちの住民基本台帳カード・マイナンバーカード(以下『カード』)を継続して利用することができます。

・新しい住所地でカードを継続利用される場合には、新住所に住み始めてからすみやかに転入届をしてください。転出地で届け出た転出予定日より30日以内、又は新住所に住み始めてから14日以内のいずれか早い日までに転入届を出さなければ、カードが失効し、継続利用できなくなりますのでご注意ください。

・カードを継続してご利用される場合には、新住所地で「住民基本台帳カード・マイナンバーカード」と「暗証番号(数字4桁)の入力」、「印鑑」が必要となります。また、運転免許証、保険証等の本人確認書類が必要となる場合があります。

・転出証明書のかわりに、カードにより転入届(転入届の特例)をされる方は、転出届をされるときにカードを必ずお持ちになってください。
 
※ 注 カードに電子証明書が格納されている場合には、転出により失効しますので、新住所地で再度手続きが必要です。

様式のダウンロード(PDF、Word、Excel)

 PDFファイル 委任状(66KB)
 PDFファイル 委任状(記入例)(75KB)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部戸籍住民課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4141(直通)
  • FAX:0155-27-0326

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集