国民健康保険制度の保険料軽減判定誤りによる保険料の過大・過少徴収について

 平成28年12月27日に、厚生労働省より、「後期高齢者医療制度の保険料軽減判定誤りによる保険料の過大・過少徴収について」報道発表があり、全国的に一部の被保険者の方の後期高齢者医療保険料を過大または過少に徴収していたことが判明いたしました。

 帯広市における国民健康保険制度の保険料軽減判定につきましても、同様な取扱いとしており、調査の結果、国民健康保険料を過大または過少に徴収していた方がおられました。

 対象となる方に対しましては、文書でのご連絡をさせていただき、お詫びと内容のご説明をさせていただきます。

 対象となる方をはじめ、市民の皆様には、多大なるご迷惑をお掛けすることとなりましたことを、深くお詫び申し上げます。

概要及び対応

 世帯主、ご本人またはご本人以外の被保険者である世帯員が青色申告を行っている被保険者のうち一部の方について、保険料のうち平等割額と均等割額の軽減判定が誤って行われ、本来納付すべき金額と異なる保険料が計算されていました。

 国民健康保険料の軽減判定所得の計算にあたり、青色申告による純損失の繰越控除を行う場合、本来、国民健康保険料の軽減判定用の繰越損失額(青色事業専従者給与を含まない)を用いる必要があるところ、確定申告上の繰越損失額(青色専従者給与を含む)を用いて計算したことによるものです。

 保険料の増額につきましては、法令の定めに従いまして2年間、平成27年度に遡って対応することとし、減額につきましては、厚生労働省では5年間を基本とするところを、帯広市では6年間、平成23年度まで遡って対応してまいります。

対象件数・金額

 対象となる方の件数・金額は、以下のとおりです。

  • 減額対象者・・・36件(36世帯) 1,436,500円(平成24年度〜平成28年度)
  • 増額対象者・・・ 4件( 3世帯)   202,500円(平成27年度〜平成28年度)

※減額対象者の平成23年度分につきましては、現在、調査を進めており、該当となる場合につきましては、7月に文書でのご連絡をさせていただく予定です。

還付金詐欺にご注意ください!!

 この件につきましては、帯広市から文書で通知をしています。

 「お金が返ってくるので、ATMへ行くように」と言われたら、それは詐欺です。保険料や医療費などの還付金がATMで支払われることは絶対にありません!!

 詳しくは、 こちらをご覧ください。

 還付金詐欺にご注意ください

関連リンク先

 厚生労働省の報道発表はこちらをご参照ください。

 後期高齢者医療制度の保険料軽減判定誤りによる保険料の過大・過少徴収について 外部リンク

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4139、0155-65-4140
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 広告募集