高齢者の医療制度(国保加入の70~74歳の人)

 国保に加入している70歳以上の人には、「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。
 この証により、医療費の自己負担が「2割(昭和19年(1944年)4月1日以前に生まれた人は1割)」または「3割(現役並み所得者)」となります。

 手続き方法国保以外の健康保険加入の人へ

高齢受給者証とは

対象

 国保に加入している70歳〜74歳の人

使用方法

 70歳の誕生日の翌月から(ただし、1日生まれの方はその月から)使用できます。

   保険証とともに、高齢受給者証を医療機関の窓口に提示することで、医療機関で支払う額が医療費の2割(昭和19年(1944年)4月1日以前に生まれた人は1割)」または「3割(現役並み所得者)」となります。

自己負担割合

   (1)3割負担となる人・・・現役並み所得者

        ※ 現役並みの所得者とは、70歳以上の国保加入者のうち住民税の課税標準額が145万円以上の方と、その同一世帯の
            70歳以上の国保加入者が対象となります。(ただし、昭和20年1月2日以降に生まれた国保加入者がいる世帯で、
            70〜74歳の国保加入者の旧ただし書所得(総所得金額等から基礎控除額(33万円)を差し引いた額)の合計が
            210万円以下の場合は除きます)

            ただし、世帯主と国保加入者の収入金額によっては申請をすることで2割負担(昭和19年(1944年)4月1日以前
            に生まれた人は1割)となる場合があります。
            詳しくは、基準収入額適用申請について(PDFファイル69KB)をご覧ください。

   (2)2割負担となる人・・・上記(1)以外の人で、誕生日が昭和19年4月2日以降の人

   (3)1割負担となる人・・・上記(1)以外の人で、誕生日が昭和19年4月1日以前の人

高齢受給者証の期限

  • 高齢受給者証は、毎年8月に定期更新します。(有効期限は7月31日まで)
  • 7月下旬に、新しい高齢受給者証を送付します。(申請は不要です)

        ※ 前年の所得を基に負担割合の判定を行いますので、新しい受給者証では、負担割合が変更になる場合があります。

手続き方法

国保に加入している人が70歳になったら

  • 該当する人に70歳の誕生月の下旬(ただし、1日生まれの方は誕生月の前月の下旬)に高齢受給者証を郵送します。(申請は不要です)

70歳以上の人が国保に加入したら

75歳になったら

医療費が高額になったら

入院時の食事代(標準負担額)について

国保以外の健康保険に加入している人へ

  • 国保以外の健康保険に加入している人でも、それぞれの健康保険から高齢受給者証が発行されます。
    詳しくは加入している健康保険へお問い合わせください。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4138(直通)
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集