平成28年1月からマイナンバー(個人番号)の記載が必要な届出・申請

 平成28年1月のマイナンバー(個人番号)の利用開始に伴い、下記の後期高齢者医療の手続きにおいてマイナンバー(個人番号)の記載及び本人確認が必要となり、窓口での関連書類の提示が必要となります。詳しくは下記の「マイナンバー(個人番号)と本人確認の方法」を参照してください。

マイナンバー(個人番号)が必要となる手続き

マイナンバー(個人番号)の記載が必要となる手続きは以下のとおりです。

【資格の届出に関するもの】 【給付の申請に関するもの】 【保険料に関するもの】
  • 障害認定に関する申請
  • 基準収入額適用申請
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証の申請
  • 被保険者証や認定証等の再交付申請
  • 特定疾病認定申請
  • 住所地特例届
  • 高額療養費の支給申請
  • 療養費(補装具など)の支給申請
  • 高額介護合算療養費の支給申請
  • 食事療養差額支給申請
  • 移送費の支給申請
  • 死亡した被保険者の各種給付費の申請(申立書)
  • 特別の事情に関する届出
  • 保険料の算定に係る所得の申告

マイナンバー(個人番号)が必要な方

マイナンバー(個人番号)が必要となる方は「被保険者本人」です。

マイナンバー(個人番号)と本人確認の方法

<マイナンバー(個人番号)の確認の方法>

※次のうちいずれか1点

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーの記載がある住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書

<本人確認の方法>

アイコン 写真付き本人確認書類・・・次のうちいずれか1点で確認できます。
マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、在留カード又は特別永住者証明書、写真付き社員証、写真付き学生証 など

写真+個人識別事項があるもの(氏名+住所)か(氏名+生年月日)


アイコン 写真無し本人確認書類・・・次のうちいずれか2点で確認できます。
後期高齢者医療被保険者証、限度額適用認定証、特定疾病受療証、年金手帳、写真無し社員証・学生証、預金通帳、公共料金領収書 など

個人識別事項があるもの(氏名+住所)か(氏名+生年月日)

通知カード(例)

マイナンバーカード見本

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4138(直通)
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社新生
  • 広告募集