療養の給付

 病気やけがなどをしたとき、医療機関の窓口に保険証を提示すると、次のとおりの自己負担割合で医療の給付がうけられます。

医療費の自己負担割合

  • 就学前…2割(※1)
  • 就学後〜69歳…3割   
  • 70歳〜74歳…2割(※2)(但し、現役並み所得者は 3割(※3))

       ※1 就学前の方は、市(こども課)の乳幼児等医療費助成制度により、医療費が無料又は減額となります。
       ※2 「2割」と記された高齢受給者証を持っている人のうち、誕生日が昭和19年4月1日以前の人の負担割合は、75歳の
            誕生日の前日までは「1割」に据え置かれます。
       ※3 現役並み所得者とは、70歳以上の国保加入者で住民税の課税標準額が145万円以上の方です。同一世帯の70歳以上
            の国保加入者全ての負担割合が3割となります。ただし、一定の条件の方は申請により2割(※2)になります。
            詳細は「 高齢者の医療制度(国保加入の70~74歳の人) 」を参照ください。


 

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4138(直通)
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 株式会社 山下家具
  • 広告を募集しています