保険料の納付が困難なとき(国保) 

 国保は、加入者のみなさんが病気やけがをされたとき、安心して医療機関にかかれるように、お互いに保険料を負担しあい、助け合う制度です。
 保険料は、制度を支える大切な財源ですので、必ず納期限内に納めましょう。
 納期限内に納付が困難であれば、国保課までご相談ください。

保険料は忘れずに納めましょう

 納期限を過ぎても納付がない場合には、「督促状」、「催告書」にて未納額をお知らせいたします。
 督促状や催告書によっても保険料が納付されず、また、災害などの特別な事情がなく、納付相談などにも応じていただけない場合には、通常の保険証より有効期間の短い「短期被保険者証」が交付されることや滞納処分(財産の差押え)を受ける場合があります。                                                     納め忘れがないよう、保険料の納付は口座振替をご利用ください。

保険料の納付に困ったときはご相談ください

 災害や失業、病気、その他の事由により保険料の納付に困ったときは、まずはご相談ください。
 一定の基準に該当する場合は、保険料の徴収猶予、または減免を受けられる場合があります。

夜間・休日相談窓口を設けております

 日中にご相談が困難な場合は、ご利用ください。

  • 夜間窓口…毎週火曜日 20時まで(祝日、年末年始を除く) 
  • 休日窓口…毎月月末の最終日曜日 8:45〜17:30
 このほか、臨時相談窓口も開設しております。

保険料の減免制度

内容

  • 保険料の納付が困難な人のうち、次のようなとき、申請により保険料が減免されることがあります。

減免の基準

 各項目にはさらに条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 
  1. 火災や自然災害に遭って、資産に損害を受けたり、火災や自然災害が原因で死亡または障害者になったとき 
  2. 倒産や廃業、あるいは病気やけがのため、収入が著しく減少したとき 
  3. 長期にわたる疾病若しくは負傷により、多額の医療費を支払ったとき 
  4. 生活保護法の規定による保護を受けたとき 
  5. 国民健康保険法第59条の規定に該当(少年院、刑務所等に収容)したとき 
  6. 世帯全員の資産等を活用しても生活が著しく困難で、世帯の前年中の所得が基準以下であるとき 
  7. 後期高齢者医療制度の施行に伴い、75歳以上の被用者保険の被保険者が、後期高齢者医療制度に移行することにより、当該被保険者の被扶養者から国保被保険者となった者。
    (国民健康保険の資格を取得した日に65歳以上であること。)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4139、0155-65-4140
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集