国保-こんなときは届け出を

  国保への加入などの手続きは、ご本人からの届け出によります。次の事由が生じたとき、14日以内に必ず届け出をしてくださ い。(届け出が遅れたとしても、加入・脱退の事実があった日までさかのぼって保険料が計算されます。)  
  
   届け出や申請の種類によって必要な書類が異なりますので、下記の各種手続きをご確認ください。
   次の(※1)と(※2)の持ち物については殆どの手続きに必要となります。

  (※1)  手続きに来る方の本人確認ができるもの    
          ●1点確認 →   公的機関で発行された、顔写真付きで名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
                              (運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、障害者手帳など)
          ●2点確認 →  公的機関で発行された、顔写真がないもので名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
                             (健康保険証、介護保険証、年金手帳、高齢受給者証、限度額適用認定証、健康保険資格喪失証明書など)   
          ●手続きに来る方が対象者と同世帯でない場合
                        →  代理権が確認できる書類として「委任状」又は対象者の名前+生年月日又は住所が明記されている公的書
                             類 (上記参照)のうち1点が必要です。
 
 (※2)  対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの (ただし、出産育児一時金及び葬祭費 の支給申請には必要ありません。)
                       → マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票など
      
      

国保に入るとき

帯広市に転入したとき

 職場の健康保険などに加入していない場合、転入したときに国保の加入者となります。
 転入届のときに手続きしてください。

  • 必要なもの
    …戸籍住民課へ提出した住民異動届の控え、印鑑 、
       手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

職場の健康保険などをやめた(退職)・家族の保険の被扶養者からはずれたとき

  • 必要なもの
        …健康保険資格喪失証明書、印鑑、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

生活保護を受けなくなったとき

  • 必要なもの
        …保護廃止決定通知書、印鑑、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
 

子供が生まれたとき

 職場の健康保険などに加入していない場合、出生した日から国保の加入者となります。
 出生届のときに手続きしてください。
    ※ 国保の被保険者が出産されると出産育児一時金が支給されます。(詳細→出産育児一時金)

  • 必要なもの
        …戸籍住民課へ提出した住民異動届の控え、印鑑、
          手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
 

国保をやめるとき

 帯広市の国保をやめるときは、下記の手続きと併せて必ず保険証を返却してください

帯広市から転出するとき

 転出届のときに手続きしてください。

  • 必要なもの
        …戸籍住民課へ提出した住民異動届の控え、印鑑、対象者の国保保険証、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
 

職場の健康保険などに入った(就職・転職)・家族の健康保険の被扶養者になったとき

  • 必要なもの
        …新しい保険証または健康保険資格取得証明書、印鑑、対象者の国保保険証、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
 

生活保護を受けたとき

  • 必要なもの
        …保護開始決定通知書、印鑑、対象者の国保保険証、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
 

死亡したとき

 国保の加入者が亡くなられた場合、葬祭費が支給されます。 

  • 必要なもの
        …亡くなった方の国保保険証、喪主の印鑑、喪主名義の口座がわかるもの(通帳など)、葬儀を行ったこと及び喪主のフル
          ネームが確認できるもの(会葬礼状ハガキ、葬儀の領収書、新聞のお悔やみ記事など)、手続きに来る方の本人確認がで
          きるもの(※1)
 
        (注意) 
            社会保険に加入していた方(被保険者本人(※))が国民健康保険に加入してから3カ月未満で亡くなられた場合、葬
         祭(埋葬)費」は以前の社会保険に申請してください。(国保に申請はできません。)
              (※) 被保険者本人以外(被扶養者)の方は支給対象となります。
 

 

保険証の内容が変わるとき

住所・氏名・世帯主などが変わったとき(市内で引越、婚姻などによる氏名の変更など)

  • 必要なもの
        …戸籍住民課へ提出した住民異動届の控え、対象者の国保保険証、印鑑 、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

 

保険証を紛失したとき

  • 必要なもの
         …印鑑、対象者と同一世帯員以外の方が手続きする場合は委任状
            手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

修学のため、子どもが帯広市を離れるとき

 卒業するまでの間、届け出により、親元の(帯広市)国保を継続します。
 転出届のときに手続きしてください。

  • 必要なもの
        …対象者又は世帯主の国保保険証、修学を証明するもの(在学証明書または学生証の写し)、印鑑、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)
   

病院・施設などに入居するとき

 転出届転居届のときに手続きしてください。
 帯広市の国保に加入している人が他市町村の病院へ入院や、福祉施設などへ入居するときは、帯広市の国保を継続します。

  • 必要なもの
        …対象者の国保保険証、入所・在所証明書、印鑑、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2)

 

介護保険適用除外施設に入所または退所したとき

 40歳以上65歳未満の国保加入者が介護保険適用除外施設に入所または退所したときは、手続きしてください。

  • 必要なもの
        …対象者の国保保険証、介護保険適用除外者申請書(下記の様式を利用ください)、印鑑、
           手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)、対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2) 
 

第三者行為(交通事故など)によるケガで病院などを受診したとき

 帯広市の国民に加入している方が交通事故など、第三者(加害者)による原因で傷害を受けた場合、届出を行うことにより、国民健康保険を使用して治療を受けることができます。

 第三者行為とは、第三者(自分以外の人)の行為により負傷等をして、治療を受けることになった場合を指します。第三者の行為による 傷害の医療費は、加害者負担が原則です。第三者の行為による負傷等の治療を受ける場合の医療費は、本来、加害者が負担すべきものですが、国保の保険証を提 示して治療を受けることができます。
 ただし、その場合、治療費を国保が一時立て替えし、後日、加害者(加害者が加入している損害保険会社等)に請求することになります。
 交通事故などで国民健康保険を使用する場合は、必ず「第三者行為による傷病届」により国保課へ届出してください。

◆ 保険証を使ったときは、かならず届出を!

 加害者側へ請求を行うためには、被害者側からの届出が必要になります。保険証を使った時は必ず「第三者の行為による傷病届」ほか書類を国保課に提出してください。

○申請に必要なもの

  • 対象者の国保保険証
  • 世帯主の印鑑
  • 高齢受給者証(70歳以上の方)
  • 事故証明書
  • 第三者の行為による傷病届(下記様式)
  • 念書(下記様式)
  • 事故発生状況報告書(下記様式)
  • 手続きに来る方の本人確認ができるもの(※1)
  • 対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(※2) 
○様式のダウンロード
  • pdfアイコン第三者の行為による傷病届 (163KB)
  • pdfアイコン第三者の行為による傷病届(記入例) (195KB)
  • pdfアイコン念書 (1070KB)
  • pdfアイコン事故発生状況報告書(1441KB)
  • ◆ 傷害・暴力事件の場合

      事前に国保課へお問い合わせください。

    ◆ 国民健康保険と労災法の関係について

     業務上災害(通勤途上などの災害を含む。)により傷害を受けた場合は、労働災害補償保険法(労働基準監督署が所管。以下「労災法」 という)への届出の有無を問わず、原則として国民健康保険は使用できません。やむを得ず使用した場合は、国民健康保険(帯広市)が事業主(労災保険)に代 わり立て替えて支払った給付の価額を限度として、世帯主に医療費を返還していただくこととなります。
     なお、国民健康保険(帯広市)に返還していただいた給付の価額は、労働基準法及び労災法に基づき事業主が加入している労災保険に請求することができます。

 


  (※1)  手続きに来る方の本人確認ができるもの    

          ●1点確認 →   公的機関で発行された、顔写真付きで名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
                              (運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、障害者手帳など)
          ●2点確認 →  公的機関で発行された、顔写真がないもので名前+生年月日又は住所が明記されているもの。
                             (健康保険証、介護保険証、年金手帳、高齢受給者証、限度額適用認定証、健康保険資格喪失証明書など)   
          ●手続きに来る方が対象者と同世帯でない場合
                        →  代理権が確認できる書類として「委任状」又は対象者の名前+生年月日又は住所が明記されている公的書
                             類 (上記参照)のうち1点が必要です。
 
 (※2)  対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの (ただし、出産育児一時金及び葬祭費 の支給申請には必要ありません。)
                       → マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバーが記載されている住民票など

 

様式のダウンロード

PDFファイル 委任状(7KB)
PDFファイル 介護保険適用除外者申請書(43KB)
PDFファイル 健康保険資格取得・喪失証明書 (50KB)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部国保課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4138(直通)
  • FAX:0155-23-0152

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集