死亡野鳥を見つけた場合の注意事項について

死んだ野鳥を見つけても素手で触らないでください

北海道において、平成28年12月5日に野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が確認されました。
野鳥との接し方については、次の事項に注意してください。

注意事項

  • 死んでいたり、衰弱している野鳥を見つけた場合は素手で触らないようにしましょう。

  • 鳥の排泄物などに触れた後は、手洗いとうがいをしましょう。

  • 水辺などに立ち寄って、野鳥の糞を踏んだ場合は、念のために靴底を洗いましょう。

  • 鳥インフルエンザウイルスは感染した鳥と濃密に接触するなどの特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。

お願い

  • 野鳥が多数死んでいるのを見つけたら、十勝総合振興局 環境生活課(0155-26-9031)までご連絡ください。

  • その他のお問い合わせは、野鳥については十勝総合振興局 環境生活課、ニワトリなど家きんについては十勝家畜保健衛生所(0155-59-2021)、人の健康については北海道帯広保健所(0155-27-8634)までご相談ください。

 参考

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4136
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集