帯広市環境基金 

環境基金創設の背景 ・・・帯広市環境モデル都市行動計画 5本柱の1つ「エコなくらし」・・・

 低炭素化社会の実現に向けて、帯広市は中長期CO2 削減目標を定め、5つの視点と将来像を掲げました。その1つの視点である、「エコなくらし」の取り組みとして、環境基金は創設されました。  内部リンク →「帯広市環境モデル都市行動計画」
 
 本基金は、環境モデル都市推進協議会、帯広市民エネルギー基金分科会における検討結果を受け、平成22年7月1日施行の帯広市環境基金条例に基づき設立されました。
 新エネ・省エネの取り組みを推進し、環境対策の費用に充てることを目的としています。

5本の柱


 

環境基金の仕組み(平成29年度)

 本基金は、以下の3つの仕組みにより「資金循環」を実施しました。

環境基金の仕組み
 

<基金の積立>  

(1)市の取り組み

 【CO2削減の認証(クレジット化)】

 帯広市は、以下の事業で達成されたCO2排出削減効果をクレジット化し、
 国内クレジット、Jークレジット制度を利用して承認を受けたクレジット売却益を、環境基金に積み立てました。 

・道路・コミュニティーセンター照明の省エネ化(平成25年度)

・帯広の森市民プールへの地中熱ヒートポンプの設置(平成25年度)

・一般家庭への太陽光発電の設置(平成28・29年度)

  内部リンクおひさまソーラーネット

 

 

 【公共施設省エネ化事業】
  平成23年から、公共施設の省エネ設備導入による光熱費の削減分の一部を基金に積み立てています。

 【太陽光発電事業用貸地】

  平成25年から、太陽光発電事業用貸地料収入の50%を基金に積み立てています。

 

(2)企業・個人からの寄附

 環境基金は市の取り組みにより確保した財源の他にも、企業・個人様からいただいた寄附金を積立の財源としています。
 環境基金への寄附は、市民の皆様が気軽に参加できる環境活動の一つとなっています。
 
   【寄附受納状況】
平成29年度にお寄せいただいた寄附の状況をお知らせいたします。
 
 寄付者 金額
イオン北海道株式会社    8,834円 
マックスバリュ北海道株式会社
  33,762円
北海道コカ・コーラボトリング株式会社
  73,401円
清水 佳子 氏
  15,000円
狩谷 直洋 氏   15,000円
立岩 心平 氏   18,000円
市外在住者 40名
 935,000円


 たくさんのご支援を

ありがとうございました

合 計 1,098,997円

 

<基金の取崩し> 

  環境活動の支援

 市の取り組みによる積立金、そして企業・個人様よりいただいた寄附金をもとに、
 環境基金は現在までに、主に以下の取り組みを支援するために使用されています。

 

帯広市環境基金寄附金の申込み方法について

現在、帯広市では環境基金への寄附金を募集しています。地球温暖化対策の推進をはかり、
帯広市全体の環境活動をさらに発展していくため、皆様のご支援をお待ちしております。
帯広市環境基金への寄附の方法などにつきまして、詳しくは環境都市推進課までお問合せください。


 

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4135(直通)
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 社会福祉法人普仁会
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集