title

 

グリーンカーテンとは、ゴーヤやアサガオなどつる性の植物をネットに絡ませて、家の窓際でカーテンのように育てたもののことです。

グリーンカーテンによる遮光効果で冷房の使用が抑えられるため、夏の省エネ効果が期待できます。また、植える植物によっては育てる楽しみ、収穫の楽しみもあります。

家庭、地域、オフィスでグリーンカーテンを育ててみませんか?

 

title

 

1

●ゴーヤの苗(もしくは、種と園芸用ポット)  ●プランター(横幅50cmほど) ●土(元肥入りの培養土) 

●肥料(元肥入りの培養土があれば不要)

●鉢底石(小石でも代用可) ●園芸用ネット  ●支柱(ネットを張るのに使う場合)    ●ジョウロ、スコップ

●結束バンド・ひも等(ネットと支柱を固定)

 

 種まき ※苗を購入する場合は不要

※種まきの前に、種を水につけると発芽しやすくなります。

●ポット1つにつき、2個の種をまきます。

※人差し指の第一関節まで穴をあけ、その中に種をまきます。

●ポット一杯に水撒きをします。

●日当たりの良い場所に設置して、芽が出るのを待ちます。

 ゴーヤポット

 

苗植え

●大きめのプランター(50cm程度)に鉢底石を敷き、培養土を8分目まで入れます。

※鉢底石を敷くことで水はけをよくします。

●ポットから苗を取り出し、プランターに20cm間隔で苗を植えます。

●水やりは涼しい時間帯(朝・夕)に行います。
 プランター

 

ネット

●支柱を利用してネットを張ります。

(窓枠に合わせ、長さの調節ができるつっぱり棒が効果的です。)

●つるが伸びたら、ネットにつるをはわせます。

※ネットを張る場所によって、張り方を工夫しましょう。

※つるは、伸びて欲しい方向にはわせます。

 ネットの張り方

 


 

摘心する

 

●本葉が5・6枚になったら、親づる(最初に伸びたつる)の先端の芽を摘みます。

※こうすることで脇芽が出て、つるが横に広がるようになります。

 摘心をする

追肥をする

●生育の様子をみながら、根元から少し離した場所に肥料を追肥します。

※あげ過ぎに注意しましょう。

 

収穫

●約2ヶ月でグリーンカーテンが出来上がります。

●緑色が濃くなり、実のイボイボが膨らんできたら早めに収穫します。

※室内などで自然の受粉ができない場合は、雄花の花粉を雌花のめしべに付けて受粉させましょう。

グリーンカーテン 

 

撤去

●葉が茶色くなってきたら、ネットからつる等を外して撤去します。

 

 

図

 

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4135(直通)
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

qa01_answer

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

qa02_answer

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • 帯広泌尿器科
  • 人と車で未来を創る釧路トヨタ
  • 株式会社 新生
  • 大正動物霊園
  • 広告を募集しています