アライグマ(特定外来生物)による被害防止対策について

  帯広市内の自然や生態系を保全するために、アライグマなど特定外来生物の被害防止対策を行います。

アライグマの特徴について

アライグマは北米原産の動物です。日本では昭和50年代に放映されたテレビアニメの影響でペットとして輸入され、その後飼いきれずに捨てられたり、逃げ出したりして野生化しました。

   
  • 特徴
     頭胴長42から60cm、尾長25から30cm、体重4から10kg
     特定外来生物アライグマの特徴
                          画像提供:環境省

  • 行動
     夜行性で、昼間は樹洞や巣穴、および家の屋根裏、作業小屋、廃屋などの中で休息しています。木登りや泳ぎが得  意です。水辺を好み、森林、農地のほか、市街地でも生息できます。
     性格は気が荒く、手先が器用です。

  • 食べ物
     果実、野菜、穀類、種子などの植物質が中心で、小型ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類、甲殻類、昆虫類、貝類などの動物質もよく食べます。農作物ではトウモロコシ、メロン、スイカ、イチゴなどを食べます。

  • なぜ入ってきたか
     アライグマは北米原産の動物ですが、昭和50年代に放映されたテレビアニメの影響でペットとして日本に輸入され、その後飼いきれずに捨てられたり、逃げ出したりして野生化しました。

     

アライグマの被害実態について

  • 生態系への影響
     道内では、アライグマの影響が疑われる例として野鳥の繁殖地の消滅や絶滅のおそれがある動物の捕食が確認されています。

  • 農作物等への被害
     北海道における農業等被害額は平成10年度以降毎年3,000万円台で推移しています。被害例としてはトウモロコシ、メロン、スイカ、イチゴ、水稲、ロールパックサイレージ、飼料、ニジマス、緑化木の食害などが報告されています。

  • 人の健康への被害
     人に感染するおそれがある病気を持っていることがあります。

     

目撃情報をお寄せください

  • アライグマを見つけた場合
     環境都市推進課(TEL 0155-65-4136)へご連絡ください。

  • アライグマの捕獲について
     アライグマは「特定外来生物法」(平成17年6月1日施行)により、生きたままの運搬、保管等が禁止されています。
     
    捕獲等をする場合には、外来生物法に基づく手続きが必要です。詳しくは下記へお問い合わせください。

     【問合せ先】 環境省北海道環境事務所野生生物課 TEL 011-251-8704

    平成26年4月26日からアライグマの捕獲を帯広の森などで開始しました。

アライグマ(特定外来生物)に関わる情報 

PDFファイルアライグマに関するQ&A(帯広市) (50KB)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4136
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

     

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

     

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集