マイマイガ・カシワマイマイの卵の駆除(お願い)

 「マイマイガ」、「カシワマイマイ」の大量発生を防ぐため、卵や幼虫の駆除のご協力をお願いいたします。

 十勝地方の多くの地域で、平成20年から平成22年に「マイマイガ」が、大発生しました。
 「マイマイガ」「カシワマイマイ」などのガは、成虫になると駆除が難しいため、卵や幼虫の段階で防除することが重要です。

 帯広市内でも、建物や木の幹などに卵を産み付けますので、大量発生を防ぐためにも、ガの卵を駆除いただきますよう、皆さまのご協力をお願いいたします。
 「マイマイガ」と「カシワマイマイ」の基本的な生態は同じです。

マイマイガの特徴・生態

次の場所に卵を産みます

  • 樹の幹
  • 建物の壁
  • 建物の基礎(特にコンクリート部分)
  • 軒下
  • 雨どいの裏側など

※卵はマユ状です。
※見えにくい場所にも産卵します。

ライフサイクル

  • 卵の状態で越冬し、5月頃にふ化(毛虫)します。
  • 7月から8月に成虫(蛾)になり、夜、街灯などに集まり卵を産みます。
  • 成虫の寿命は1週間程度といわれています。

ウィルス病について

  • マイマイガの大量発生は、ウィルス病が発生することにより2年から3年で終焉すると言われています。
  • このウィルスは、人間には無害です。

詳しくは、パンフレットをご覧ください。
PDFファイル マイマイガのウィルス病に関するパンフレット(379KB)

駆除方法

・成虫になると駆除が難しいため、卵や幼虫の段階で防除することが有効です。
・除去した卵は、「燃やすごみ」として、収集日に出してください。

・パンフレットもご覧ください。
PDFファイル マイマイガに関するパンフレット(445KB)

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市市民環境部環境都市推進課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4136
  • FAX:0155-23-0161

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集