期日前投票(法改正で平成15年12月から施行)

 選挙期日(投票日)に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭など、一定の事由がある場合にも簡単に投票ができるように設けられた制度です。

 期日前投票により投票しようとする人は、投票所入場券の裏面の宣誓書(兼請求書)にあらかじめ必要事項を記入し、受付に提出して投票用紙の交付を受け、記載台で記入後、直接投票箱に投入していただくことで終了します。

 あらかじめ宣誓書に記入の上、期日前投票所にお出でいただくことで受付等に要する時間が短縮されます。

※  選挙期日には選挙権を有する人でも、期日前投票を行う日には未だ選挙権を有していない人(例えば、選挙期日までには18歳を迎えるが、期日前投票を行おうとする日には未だ17歳である人)は、期日前投票をすることができないため、従来の不在者投票の方法で投票することになります。

第48回衆議院議員総選挙の期日前投票についてはこちらをご覧ください。内部リンクアイコン

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市選挙管理委員会事務局選挙課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4222

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 株式会社メニコン 帯広コンタクト
  • まつもと薬局健康フェスティバル
  • 株式会社新生
  • 広告募集