地区懇談会開催状況(平成23年度市民活動交流センター)

地区懇談会で市民の皆さんからいただいたご意見と市長の回答を、会場別に紹介します。

開催概要

・テーマ 市長と考えよう「やっぱりスポーツは帯広で」

・日時 平成23年8月7日(土曜) 14:00〜15:11

・場所 市民活動交流センター

・参加者 39人

PDFファイル配布資料(452KB)

平成23年度市民活動交流センター

主なご意見・ご質問と市長回答

スポーツ

[意見]
 帯広でもっとプロ選手の活躍が見られるように、帯広での開催などを増やしてほしい。

[回答]
 プロ野球は平成22年度からそれまでの1試合から2試合開催になりました。これは選手が帯広でやりたいと希望したためと聞いています。さらに増やすためには、人がたくさん入ることが重要で、負担と球団日程の都合によります。
[意見]
 高校野球の北北海道大会をもっと十勝で開催してほしい。

[回答]
 平成24年度は北北海道大会を帯広で開催することは決定済みです。それ以後の開催については競技団体に働きかけていきます。
[意見]
 サッカーのスタジアムを作ってほしい。帯広でJリーグの試合が見たい。

[回答]
 Jリーグ公式戦では、イス席スタンド10,000人以上、収容人数15,000人以上が条件です。現在、陸上競技場でイス席1,000席です。現在の施設でも開催可能なオープン戦などの誘致を競技団体より打診しています。
[意見]
 誰でもできるパークゴルフをもっと広めるべきだと思う。

[回答]
 市内パークゴルフ場は公設で25カ所あります。用具は、陸上競技場、総合体育館で貸し出していて、どこで利用してもかまいません。
[質問]
 「踏め踏め緑の大地」はもうやらないのか。

[回答]
 「踏め踏め緑の大地」は、以前、幸福駅からグリーンパークまでウォーキングする観光イベントとして行いました。現在は、体育の日に市民が参加できる各種の講座などを実施しています。
[意見]
 市がやっているスポーツ教室のお知らせをもっと積極的にしてほしい。

[回答]
 広報紙、ホームページ等でお知らせしていますが、さらに充実していきます。
[意見]
 帯広の森市民プールの床がザラついているように思う。

[回答]
 いつもご利用いただき、ありがとうございます。必要な補修はきちんとやっていきたいと考えています。
[意見]
 中学生の体育館使用料を無料にしてほしい。

[回答]
 現在、中学生以下の場合、個人使用は無料ですが、専用使用は有料です。他都市の状況も参考にして検討しています。
[意見]
 体育施設の開館時間が午後9時まで。あと1時間でも長く施設を利用できるようになるとうれしい。

[回答]
 施設全体の運営を考慮しながら午後9時までとしています。明治北海道十勝オーバルでは、午後10時まで開館しています。
[意見]
 ハンドボールをもっと多くの高校に普及させてメジャー化してほしい。

[回答]
 ハンドボールについては競技団体に意見を伝えます。
[意見]
 スポーツ施設で借りられるラケットやボールなどをもっと充実させてほしい。

[回答]
 ラケットやボールについては、順時更新を考慮します。
[意見]
 Jリーグチーム招致で地域の活性化になるのではないか。

[回答]
 Jリーグチームの育成や招致は地域での応援体制が必要です。
[意見]
 マウンテンバイクや自転車で楽しめるコースがあるといい。

[回答]
 十勝川、札内川河川敷には、サイクリングコースがあります。また、札内川河川敷にはBMXコースがあります。
[意見]
 高齢者にとって、屋外で運動するために公衆トイレを増やしてほしい。

[回答]
 関係課に伝え、検討します。

市民協働・町内会

[意見]
 市民活動交流センターはスポーツだけでなく市民が利用するのにとても便利で感謝している。

[回答]
 NPOやボランティアなどの市民活動に関する相談や活動の資料作成など、さまざまな用途にお気軽にご利用ください。まちなかの活性化のためにも、さまざまな活動に広くご利用いただける施設として、今後も周知していきたいと考えています。

ばんえい

[意見]
 ばんえい競馬を本州の人にもっとPRしてほしい。

[回答]
 市から積極的にPRしています。できれば、テレビドラマなどで全国的に紹介できればと考えています。これからも、道内のみならず、本州でもばんえい競馬やとかち村、ソーラーの実験場などを十勝の開拓の歴史とともに知ってもらい、観光につなげていきたいと思います。

 注)NHK制作ドラマ「大地のファンファーレ」が平成24年3月に全国放送いただけることとなっています。これをきっかけに全国の皆さんにばんえい競馬に興味を持っていただけると大変期待しています。

商業・工業

[意見]
 イトーヨーカドー跡地などを利用してまちの活性化をしてほしい。

[回答]
 まちなかの賑わい創出や活性化のため、今後も取り組んでいきます。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市政策推進部広報広聴課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4110
  • FAX:0155-23-0156

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集