振り返る帯広−広報おびびろ掲載記事−

開拓130年市制施工80年記念連載 振り返る帯広

 開拓130年市制施行80年を迎え、連載で帯広の歴史を振り返ります。

・問い合わせ 総務課(市庁舎5階 電話0155−65−4100)

第5回 最終回 開拓100年以降の帯広市

都市部の活性化


 昭和51年の刑務所移転に伴う跡地の再開発などにより、市街地は南西部に急速に拡大。鉄道以南の人口の増加に伴い、鉄道により分断された市街地の一体開発や、交通渋滞の解消が課題となってきました。
 長年にわたる官民一体の行動が実を結んだ鉄道高架事業に併せて、駅周辺の「都市の顔づくり事業」が進められ、文化ホール、とかちプラザ、図書館の整備などにより、南北一体となった現在の街並みが形成されました。
 こうした都市の基盤整備などにより、十勝の中心都市にふさわしい、にぎわいと活力のある都心部がつくられ、地域の活性化に大きく貢献していくことになります。

健康スポーツ都市

 昭和63年にスポーツを通じて躍動する豊かなまちを目指して、「健康スポーツ都市」を宣言し、帯広の森運動公園内に各種スポーツ施設を次々と整備してきました。
 平成21年には、国内で2例目となる屋内スピードスケート場(明治北海道十勝オーバル)が完成し、ワールドカップなどの国際大会が開催され、「スケート王国・十勝」を、世界に発信しています。

環境モデル都市

 市民参加による「帯広の森」づくりや、資源リサイクルなど、自然と共生するまちづくりを進めています。
 平成9年には、「環境基本条例」を制定し、環境自治体としての先駆的な取り組みを行ってきました。
 平成20年には国から「環境モデル都市」の指定を受け、低炭素社会の実現を目指し、市民との協働によるさまざまな取り組みを進めています。

発展を続ける十勝・帯広

 十勝全体で、さまざまな分野における連携した取り組みの推進を目指して、平成23年に管内全町村と定住自立圏協定を締結し、共生ビジョンに基づく事業を進めています。さらに同年12月に、国の国際戦略総合特区の指定を受けました。地域の特性や優位性、豊かな食の資源などを生かして、将来に向けた十勝のさらなる発展を目指します。そして、フードバレーとかちを旗印に、オール十勝で一体的な地域づくりを進めていきます。


連載の他の記事を見る


>>「広報おびひろ」のページへ戻る

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市総務部総務課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4100(直通)
  • FAX:0155-23-0151

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集