地区懇談会開催状況(平成24年度南コミセン)

地区懇談会で市民の皆さんからいただいたご意見と市長の回答を、会場別に紹介します。

開催概要

・日時 平成241022(月曜)19:002035
・場所 南コミュニティセンター
・参加者 22

 

主なご意見・ご質問と市長回答

フードバレーとかち・産業振興

[意見]
 今、十勝ではナガイモと小麦の作付けが非常に増えている。十勝産小麦のうどんを開発したら、もっともっと小麦が売れるようになると思う。
[
回答]
 牛じゃん麺やパスタなどいろいろなものが十勝産小麦で作れると思います。うどんは、以前から十勝産小麦で作られています。皆さんのアイデアで新しい価値を作り出していただくのがフードバレーです。
[質問]
 道内では、札幌や旭川と帯広のイベントの日程が重なることが多い。時期をずらしてはどうか。 
[
回答]
 寒くなる前にとか、特産物の旬の時期に祭りを開催したいなどの理由で複数のイベントが同じ時期に重なることがあります。うまく分散できればと願っていますが、十勝だけでも県並みの広さがあり、調整するのはこれからの大きな課題です。
[質問]
 特区になると、バイオマスの資金はどこから出るのか。太陽光発電は電力会社が買ってくれるだろうが、バイオマスはどうなのか。
[
回答]
 国ではかなりの額の経費がつくと思いますが、こちらから数字も含めて説明することと、自分たちもお金を準備することが必要です。昨年できた法律は、今後何年間、いくらで買う約束をしてくれています。
 リスクがあっても早く着手するか、技術が進んで効率が良くなるのを待つか。リスクを背負ってでもやるところには、国は推進するためにお金をつけてくれるでしょう。バイオマスも同様に、どんなことが出来るか、短時間のうちに皆さんと検討していかなければなりません。ここで、よそよりも早く始めれば、関連する農産品などいろいろなものに新たな価値が生まれます。
[意見]
 とかちむらに十勝のよさが伝わるものを取り揃えてほしい。
[回答]
 とかちむらは十勝の食が一堂に会するフードパークとして設置されており、十勝産を中心にした品揃えを行っていますが、さらに魅力的な品揃えになるよう関係者と協議していきます。
[意見]
 十勝のものであることがすぐ分かるような工夫をしてほしい。
[回答]
 見て分かるようにしてほしいと言われています。店先での売り方の工夫などを含めて、これから皆さんと話をしていこうと思っています。
[意見]
 フードバレーを人材育成の面からも考え、全国レベルの若手を育ててほしい。
[回答]
 若者たちのために、フードバレー人材育成事業を実施しています。仕事がないと始まらないので、働きたいと思ってもらえる仕事ができて、給料がここでうまく循環するよう頑張ります。
[意見]

付加価値を高めるため、中小企業が複合的に活性化する全体的なシステムを考えてもいらいたい。

[回答]
 中小企業の層が厚くなってもらいたいと思います。ベンチャーや中小企業の仕事に入っていくには、サポートをする仕組みを作ることと、お金をどうつけるかが重要です。
 東京に比べてここは慎重な人たちが多いという印象ですが、後追いではなく先頭を走っている分野で、お金がつくかもしれないとなればやってみようとする人が出てくるのではないでしょうか。

[質問]
 高齢者の雇用が非常に厳しい。周辺には農業をやっていた高齢者も多くいる。活性化の方法はないか。

[回答]
 現代のような社会では、60歳以上の方も元気に活躍されなければ、帯広は回っていきません。ご高齢であっても、5年・10年の計画なら可能だと思っています。

[意見]
 フードバレーはこれからが正念場。十勝には理想的な取り組みをしている方がいると思う。それらのアイデアや努力を行政が調査してほしい。
[回答]
 行政は、今までは皆さんから来てもらうのがメインでした。ご指摘のように、こちらから出て行って、帯広中の会社が、今、何をやっているか、その情報を共有できるようにしなければいけないと思います。

ばんえい競馬

[質問]
ばん馬のルールを変えて、鞭で叩くのをやめることはできないか。

[回答]
ばん馬では鞭ではなく軟らかい手綱で合図を出しています。馬は驚いたり痛いときに心拍数が上がりますが、実験してみると、合図のときに心拍数はほとんど上がらないそうです。ただ、ご心配される方たちにこのような発信や説明をもっとしていかなければと思います。

公園

 [意見]
 市長への手紙で、緑ヶ丘公園のグリーンステージや400mベンチが歪んだり塗装がはげたりしている書いたところ、もう少し時間をくださいという返事だった。ベンチの塗装はされたが、他はまだのようだ。
[回答]
 順番を考えて行っています。再度、担当に伝えます。
  

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市政策推進部広報広聴課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4110
  • FAX:0155-23-0156

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集