クマ出没注意

 例年、帯広市内の農村部にヒグマの足跡が発見されており、ここ数年はクマの出没範囲が広くなっています。
 防風林や雑木林の近くで、出没が多く報告されていますので、こうした場所で農作業などを行うときには、十分周囲に注意を払うようお願いします。
 また、札内川、戸蔦別川付近においても報告されています。釣りなどで川辺に近寄る際にもご注意ください。

クマの出没にご注意ください

 農村部において山菜採りやレジャー、釣りをするときはヒグマの注意看板に留意するなど危険回避に心がけてください。

画像をクリックすると拡大してご覧になれます。

冬もヒグマに注意
秋はヒグマに注意
あなたとヒグマの共存のために あなたとヒグマの共存のために(その2)  

クマに遭遇しないための注意事項

  • クマは聴力に優れ音に敏感です。ラジオ、鈴など音が出るものを持ち、存在を知らせる工夫をしましょう。
  • 嗅覚も非常に発達していますので、においの強い食べ物は持ち歩かないようにしましょう。
  • 単独行動は避けて、できるだけ複数人で作業しましょう。
  • 大きな足跡、フンの発見、または、においなど異変を感じたら、直ちにその場を離れましょう。

クマを目撃した場合は

距離がある場合

  • 静かにゆっくりと、その場から離れる。

距離が近い場合

  • クマから目を離さないように、ゆっくりと後退する。
  • 持ち物がある場合、小出しに投げクマの気をそらす。

至近距離の場合

  • ゆっくりと両腕を上げ、姿を大きく見せゆっくりと
    移動する。
 
※ どの場合においても、クマを刺激しないことが大切です。

※ 逃げる者を追いかける習性がありますので、走って逃げることは危険です。

※ 子グマを目撃した際は、近くに親グマがいますので特に注意が必要です。
走って逃げる行為は非常に危険

クマの姿を目撃したり、足跡などを発見した場合の連絡先

  • 帯広市役所 農村振興課  電話0155-65-4173
  • 帯広警察署 地 域 課  電話0155-25-0110

参考

PDFファイル ヒグマによる事故を防ぐために【北海道発表資料】 (8707KB)

PDFファイル 「あなたとヒグマの共存のために」【北海道環境生活部環境局自然環境課作成資料】 (407KB)

北海道(環境生活部環境局自然環境課)のホームページ 外部リンク にもヒグマに関する情報が掲載されていますので、ご覧くだい。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市農政部農村振興課

  • 所在:〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
  • 電話:0155-65-4173
  • FAX:0155-23-0160

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • LED照明のご用命は株式会社エコマックスジャパン
  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 有限会社ウッドライフ
  • 炭の家+アレブデザイン エーアイホームズ
  • 広告募集