食育

 食育とは、生きるうえでの基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることと位置付けています。

帯広市食育推進サポーター

 郷土料理を作る技術、作物を育てる技術、栄養・健康の知識など、食に関する様々な知見や技術を持つ方々を帯広市食育推進サポーターとして登録し、地域の食育ニーズとマッチングさせることにより、地域での食育推進活動を促進していきます。

 帯広市食育推進サポーターのページ 内部リンク

 

食育推進サポーター取組事例

▼小学校で農作物のお話(帯広市川西農業協同組合青年部)
 平成29年7月12日、川西農業協同組合青年部による、帯広市立豊成小学校児童への農作物に関する出前授業が行われました。
 秋まき小麦と春まき小麦の違いを実物を確認しながら理解を深めたほか、学校の畑に植えているばれいしょ、ミニトマト、バジルなどの育て方を教わりました。

syokuiku1 syokuiku2 syokuiku3


▼ 家庭教育学級で豆腐作り体験(帯広豆腐マイスター倶楽部)
 平成29年1月25日(水)、帯広豆腐マイスター倶楽部による、東小学校家庭教育学級のみなさんを対象とした豆腐作り体験教室が行われました。
 3班にわかれて豆腐を作り、それぞれ大豆の香りと甘みを感じる豆腐を完成させました。

豆腐づくり 豆腐作り 豆腐作り


 ▼ 小学校でお菓子づくり教室(村田 ナホ)
 平成28年8月2日(火)、村田ナホさんによるお菓子作り教室が、北栄小学校3年生から6年生を対象に開かれました。
 色々な果物を入れた「ボンボンゼリー」、韓国のお菓子「ホットック」、もちもちした「みたらし団子」をそれぞれの班が、皆で力を合わせて作りました。
 また、村田先生からは、朝ごはんの大切さや、便は自分の健康状態を知ることのできる体からのお便りであることなどを、教わりました。

料理教室1 料理教室2 料理教室


 ▼ 学校給食センターで作物についてのお話(帯広市川西農業協同組合青年部)
 平成28年7月15日(金)、川西農業協同組合青年部の皆さんが、学校給食センターで、若葉小学校1年生を対象に農作物についてのお話をしました。児童たちは、青年部が持参した、とうもろこしやいも、小麦、豆などを実際に見ながら、野菜クイズに答え、農作物への理解を深めました。

seinennkyuusyoku 小麦の説明 seinennkyuusyoku3


 ▼ 小学校で作物についてのお話(帯広市川西農業協同組合青年部)
 平成28年7月11日(月)、川西農業協同組合青年部の皆さんによる、農業についての出前授業が豊成小学校5年生を対象に実施されました。児童は、学校の畑に植えている作物の育て方についてアドバイスをもらったり、小麦や大豆、小豆、てんさいがどのようなものに加工されているかを学ぶなど、農業についての理解を深めました。

usi 機会の説明 野菜の育て方


 ▼ 小学校でピザ作り体験(株式会社満寿屋商店)
 平成28年1月13日(水)、株式会社満寿屋商店さんによるピザ作り体験教室が、北栄小学校3年生から6年生を対象に開かれました。児童は、講師の方の説明を真剣に聞き、生地作りからトッピングまで取組み、1人1つずつピザを完成させました。
 ピザを食べた児童からは、「自分で作ったからとってもおいしい。動物の形のピザを作ったので、食べるのがもったいない。」などの感想がありました。

ピザづくり教室1 ピザづくり教室2


 ▼ 小学校で豆腐づくり体験(帯広豆腐マイスター倶楽部)
 平成27年12月11日(金)、帯広豆腐マイスター倶楽部の皆さんが、栄小学校3年生に対し、豆腐作りの指導をしました。
 児童たちは、大豆から豆乳が作られ、にがりを加えると豆腐になることを学んだほか、大豆の栄養についてや、大豆が様々なものに加工されていることについて説明を受けました。

豆腐マイスター倶楽部 豆腐まいすたー


 ▼ かわにし給食の提供(帯広市川西農業協同組合青年部)
 平成27年11月10日(火)、11月11日(水)、11月13日(金)に、帯広市川西農業協同組合青年部の皆さんが企画した「かわにし給食の日」が、帯広市内の全小中学校で行われました。13日には青年部員が小学校を訪れ、地元の食材について児童たちに説明しました。メニューは川西産のじゃがいも、ニンジン、玉ねぎや豊西牛を使った「かわにしカレー」などで、児童からは、「カレーに野菜やお肉が入っていてとてもおいしい」、「食材のお話もきけてよかった」などの声がありました。

青年部員による説明 カレーを食べる児童たち


 ▼ 保育所でピザづくり体験(帯広大正農業協同組合青年部・株式会社満寿屋商店)
 平成27年10月7日(水)、帯広大正農業協同組合青年部の皆さんが株式会社満寿屋商店の協力の元、市内保育所の子どもたちに対して、ピザづくり体験を行いました。
 帯広大正農業協同組合青年部の皆さんが先生となってピザづくりを教え、子どもたちはみな楽しそうに生地の成形や、トッピングなどを行いました。
 大正メークインをはじめとして、ほぼ全ての食材を十勝管内産でそろえるなど、地産地消にもこだわった取組となりました。

クイズ トッピング


 ▼ 小学校で食物についてのお話・豆腐づくり体験(帯広豆腐マイスター倶楽部)
 平成27年7月28日(火)、帯広市豆腐マイスター倶楽部の皆さんが、北栄小学校3年生から6年生に対して、十勝の食材についてのお話や豆腐作り体験を行いました。
 児童たちは、豆腐作りを体験しながら、食物の働きや栄養素についても学び、充実した時間をすごしました。
 出来上がった豆腐やおからホットケーキを食べた児童たちからは、「おいしかった」「家でも作ってみたい」などの感想がありました。

豆腐作り1 豆腐作り2 豆腐作り3


 ▼ 小学校で作物についてのお話(帯広市川西農業協同組合青年部)
 平成27年7月13日(月)、帯広市川西農業協同組合青年部の皆さんが、豊成小学校5年生に対して、農作物についてのお話をしました。
 児童たちは、青年部の皆さんから農作物の作り方を教えていただいたり、たくさん質問に答えていただき、農業についての理解を深めました。

豊成小学校 挙手 豊成小学校 説明


 ▼ 幼稚園教諭への食育講話(村田ナホ)
 平成27年1月28日(水)に、北海道食育コーディネーターの村田ナホ先生が、幼稚園教諭に対して子どもの健康と食育について講話を行いました。
 幼稚園教諭の方たちは、地元の食材を使った簡単で美味しいおやつのレシピや声掛けの重要性を学ぶことが出来て、大変満足とのことでした。

食育講話


 ▼ 学童指導員への手作りおやつ作り教室(村田ナホ)
 平成26年12月12日(金)に、北海道食育コーディネーターの村田ナホ先生が、学童指導員に対して十勝産食材を使用したおやつ作り教室を行いました。
 学童指導員の方たちは、地元の食材を使った簡単で美味しいおやつ作りを学ぶことが出来て、大変満足とのことでした。

料理教室 料理教室2


 ▼ 学校給食共同調理場での農作物についてのお話(帯広市川西農業協同組合青年部)

 平成26年8月26日(水)、8月27日(木)に、帯広市川西農業協同組合青年部の皆さんが学校給食共同調理場にて、つつじが丘小学校と帯広小学校の1年生に向けて農作物についてお話をしました。
 生徒たちは、青年部の皆さんが作った農作物を実際に触るなどしながら、農作物についての理解を深めました。

学校給食共同調理場1 学校給食共同調理場2


 ▼ 大正メークインまつりでの試食品の提供と栄養相談(公益社団法人北海道栄養士会)
 平成26年9月23日(火)に、公益社団法人北海道栄養士会の皆さんが帯広大正メークインまつりにて、牛乳とメークインを使用した「ビシソワーズ」の試食品の提供と、栄養相談を行いました。
 来場者の皆様から、「とても美味しいので、ぜひ自宅でも作ってみたいと」の感想がありました。

大正メークインまつり

 

とかちマルシェへの食育推進ブースの出展

 食育に関心のある方をはじめ、多くの方々への食育のPRの機会とすることを目的に、とかちマルシェに食育推進ブースを出展しました。また、5個人・団体の食育推進サポーターにご協力いただき、盛況のうちに出展を終えることができました。

実施内容

1.ワークショップ

(1)みそ玉づくりワークショップ/協力サポーター:浦木 明子さん、村田ナホさん
 お湯を注ぐだけで味噌汁ができるみそ玉は作るのもとても簡単で、たくさんの大人から子どもまでが楽しみながらワークショップに参加していました。紫芋、かぼちゃ、白ごま、黒ごま、あおさなどをまぶした色とりどりのみそ玉は見た目にもかわいらしく、参加者からは自宅でみそ玉で味噌汁を作りたいという声が聞かれました。              

misodama3 misodama2 misodama1


(2)豆腐づくりワークショップ/協力サポーター:帯広豆腐マイスター倶楽部 
 豆腐の原料は何?にがりってなんだろう?豆腐づくりのプロからの説明に、参加者は真剣に耳を傾けていました。試食ではできたての豆腐を味わい、参加者からは自宅でも作りたいという声が聞かれました。

touhudukuri3 touhudukuri2 touhudukuri1


(3)ジバサンダーの○×クイズ/協力サポーター:帯広宣隊ジバサンダー委員会
 ジバサンダー、クワズキラー、チラカースによる食育○×クイズがステージで実施され、たくさんの子どもたちが挑戦しました。
 また、ジバサンダーたちは食育推進ブースのPRのため、マルシェの会場内で多くの来場者と交流しました。

jibasannda1 jibasannda2 jibasannda3


(4)豆・野菜の種の展示/協力サポーター:おびひろ食育・美育推進ネットワーク
 大豆や小豆のほか、モロッコいんげん、白花豆、金時など12種類の豆を展示し、見学された方々は熱心に説明を聞いていました。また、野菜の種当てクイズの参加者からは、普段口にする野菜でも、種を見る機会がなかなかなく、貴重な体験になったという声が聞かれました。

taneyasai1 taneyasai2 taneyasai3


2.資料配布・展示
  • 児童生徒・保護者向け食育レシピ集
  • 朝ごはんを食べよう
  • 保育所給食の人気レシピ集
  • かわるがわる食べよう
  • 食ナビ
  • 食品ロス削減について
  • どさんこ食事バランスガイド
  • おびひろ健康まつりちらし

 

食育推進サポーター講座

 ▼ 食育推進サポーター講座「収穫体験・調べ学習等」について
 平成27年10月24日(土)、帯広市と帯広市食育推進サポーターの「帯広市川西農業協同組合青年部」、「おびひろ食育・美育推進ネットワーク」が連携して、食育推進サポーター講座を実施しました。
 今回の講座は、参加対象者を小学4年生から6年生と保護者とし、 子ども達は図書館で長いもについての調べ学習をした後、市内農場に移動し、保護者の皆さんと共に長いもの収穫体験(講師:川西農協青年部)をしたり、栄養講話(講師:おびひろ食育・美育推進ネットワーク)を聞くなどして、「食」と「農」について学びました。
 収穫体験では、青年部の皆さんから長いもの掘り方について丁寧な指導を受け、参加者からは、「どのくらい長いもに傷がつくと、売り物にならなくなってしまうの?」などの質問があり、青年部が答えるなど、積極的に会話、交流する場面がみられました。
 参加者からは、「長いもの収穫体験はなかなかできないので、よい経験ができた」「長いもは繊細な作物で、収穫に時間がかかることが良く分かった」などの感想がありました。

調べ学習 収穫体験 栄養講話 


 ▼ 食育推進サポーター講座「親子搾乳体験等」について
 平成27年1月16日(金)に、帯広市内の牧場で、帯広市と帯広市食育推進サポーターの「株式会社十勝加藤牧場」、 「中川隼人」さんが連携して、食育推進サポーター講座を開催しました。
  乳牛の説明(飼養している乳牛の種類)や牛の体についての説明、搾乳体験、栄養摂取のバランスや、成長期における食事の優良事例の紹介などを体験した参加 者からは、「搾乳は普段体験できないので貴重な体験ができてよかった」「食べ物によって体への影響があることを知り早速試したくなった」などの意見があり ました。

搾乳体験1 搾乳体験2 搾乳体験3


 ▼ 食育推進サポーター講座「収穫体験等」について
 平成26年10月25日(土)に、帯広市内の畑作農場で、帯広市と帯広市食育推進サポーターの「帯広市川西農協青年部」、 「公益社団法人北海道栄養士会十勝支部」が連携して、食育推進サポーター講座「(長いもの)収穫体験等」を開催しました。
 生産者からの取り組みの紹介、長いもの収穫体験、長いものレシピ紹介、栄養に関するお話などを体験した参加者からは、「生産者の話を聞けてよかった」、「収穫体験が出来てよかった」などの意見がありました。

収穫体験 栄養講話

 

おびひろ食育カレンダー(イベント編)

帯広市食育推進サポーターによる食育活動について紹介します。

 ▼ 株式会社満寿屋商店
【取組】十勝管内保育園、小学校での出張ピザ教室
【概要】幼児、小学生、保護者に対するピザ作り教室を実施
【問合せ】0155-58-4690


 ▼ 村田 歩・ナホ
【取組】食の玉手箱(ひまわり幼稚園親子料理教室)
【日時】平成28年5月28日(土)
【参加人数】22名
【問合せ】0155‐48‐4469(村田 歩・ナホ)


 ▼ 北海道全調理師会帯広支部
【取組】第19回「美味しいとかち大収穫祭」
【日時】平成28年9月27日(火)
【概要】十勝の食材を活用した料理を提供し、食の安心安全を図り、地元食材の消費拡大につなげていく
【参加人数】約450名
【問合せ】0155‐26‐5858


 ▼ 帯広市川西農協青年部
【取組1】学校給食への食材(アスパラ)の提供
【日時】平成28年5月25日、26日、30日実施
【取組2】市内小学校への農業に関する出前授業
【日時】平成28年7月11日(月)
【問合せ】0155‐59‐2111 (事務局・川西農協)


 ▼ 帯広市食生活改善推進員協議会
【取組】ランチ&運動つき健診教室
【日時】平成28年7月9日(啓北コミセン)、同15日(帯広の森コミセン)、同22日(南コミセン)、9月26日、11月26日、12月12日(保健福祉センター)、10月15日(西帯広コミセン)、11月4日(森の里コミセン)※いずれも時間は、11時から12時40分
【概要】生活習慣病予防のために、「食」と「運動」について1時間40分で学ぶ教室を実施し、食生活改善推進員が講師を務める。※参加費無料。
【参加人数】各施設先着20人
【申込み】実施日の10日前までに釧路がん検診センター帯広出張所 0155‐27‐2345


 ▼ おびひろ打ちっ粉クラブ
【取組】帯広第五中学校PTAそば打ち教室
【日時】平成28年11月(予定)
【概要】PTA会員にそば打ち体験と試食をしてもらう
【参加人数】約20名(予定)
【問合せ】0155‐65‐4101(渡邊)


 ▼ 池添 博彦
【取組】講義「食の安全性について」
【日時】平成28年7月4日(月)
【概要】食生活改善推進員に対して、食の安全性について講義を行う
【参加人数】約40名


 ▼ 帯広豆腐マイスター倶楽部
【取組】小学校での豆腐作り教室
【日時】平成28年10月頃(予定)
【概要】大豆の栄養について学びながら、豆腐作りを行う
【問合せ】0155‐21‐1121(栂安)

 

おびひろ食育カレンダー(料理教室編)

 帯広市での食育に関する様々な料理教室の活動を紹介します。
 カレンダーについては、PDFファイル こちら (84KB)から

 

おびひろ食育カレンダー(教室・講座編)

 帯広市での食育に関する様々な教室や講座の活動を紹介します。
カレンダーについては、PDFファイル こちら (84KB)から

 

おびひろ食育カレンダー(栄養相談編)

 帯広市での食育に関する様々な栄養相談の活動を紹介します。
カレンダーについては、PDFファイル こちら (58KB)から

 

おびひろ食育カレンダー(農作業編)

 帯広市で、主に生産されている農産物の収穫時期等が一目で分かる「おびひろ食育カレンダー(農作業編)」を作成しました。
 カレンダーについては、PDFファイル こちら (396KB)から

 

第2次帯広市食育推進計画

 市民一人一人が健康で豊かな生活を実践し、食に関するさまざまな知識や食を選択する判断力を身につける「食育」を推進するため、平成24年3月に策定しました。
 なお、計画中、地産地消に関する部分については、六次産業化・地産地消法第41条第1項に基づく「促進計画」に位置づけられています。

第2次帯広市食育推進計画のページ 内部リンク

 

各課の食育推進事例

 ▼ 食生活改善推進員の活動

 食生活改善推進員は、食を通した健康づくりを積極的に推進する地域ボランティアで、 「健診・栄養・運動教室」 内部リンクなどの市民の食生活改善のための活動を行っています。本市が開催する「食生活改善推進員養成講座」を受講し、所定の課程を修了した方がなることができます。

syoku


 ▼ バイキング給食の実施

 小学6年生を対象に、栄養バランスを考え、献立を適切に選択する力と正しい食習慣を養うため、バイキング給食を実施します。自分で食べた食品について、カロリー計算も行います。

バイキング給食


 ▼ 給食だよりの発行

 毎月の献立表のほか食材の説明、食品や栄養素、望ましい食習慣の提示などを掲載する給食だよりを発行します。

給食だより


 ▼ 食育だよりの発行

 毎月1回、各小中学校に向け、食育指導専門員作成の食育だよりを発行しています。


 ▼ 親子料理教室の実施

 子育て世帯を対象に、栄養バランスや食への感謝の気持ち、家族で食卓を囲む楽しさなど食育の大切さを伝えるため、親子料理教室を実施します。

親子料理教室1 親子料理教室2


 ▼ 給食時間での食育の推進

 給食や授業時間において、栄養士・調理員や生産者が学校訪問し、児童生徒との交流を通して食育を推進します。

給食時間での食育1 給食時間での食育2


 ▼ パパと子の料理教室の実施

 父と子を対象に、父子料理教室を実施し、食への感謝の気持ちや家族で食卓を囲む大切さの理解と関心を深めます。

パパと1 パパと2


 ▼ ▼食関連の本の展示

 図書館で食関連の特設展示を行います。

本展示


 ▼ 農業体験学習の実施

 帯広市農業技術センターにおいて、地元の主要農作物を栽培展示し、見学者に作物の説明、収穫体験などを実施し、農業への理解を深めます。写真は、作物の説明の様子と空中かぼちゃの見学の様子です。

農業体験1 農業体験2


 ▼ 直売所などの開催の支援

 生産者と消費者との交流や地産地消を推進するため、直売所などの開催の支援をします。写真は、「軽トラ市」ととかち大平原交流センターでの「夕市」の光景です。

直売所 直売所


 ▼ 食育イベント等での食育の推進

 健康で豊かな毎日を送るために欠かすことのできない「食」について、広く市民の皆さんに関心をもってもらうため、健康まつり、食育フェスティバルなど、様々なイベントを通して、食育に関する啓発を実施しています。

第9回帯広市食育フェスティバル(平成27年12月12日(土)開催)

食育フェスティバル 食育フェスティバル 第9回帯広市食育フェスティバルチラシ

 

関連情報

 ▼ 帯広市

学校教育

保育所

図書館

健康推進

その他

 ▼ 国関係機関

 ▼ 北海道関係機関

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

このページに関するご意見・お問い合わせ

帯広市農政部農政課

  • 所在:〒089-1182 帯広市川西町基線61 帯広市農業技術センター内
  • 電話:0155-59-2323
  • FAX:0155-59-2448

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

お求めの情報が充分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があればご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

広告欄

  • 株式会社総合設計
  • サトラのリフォーム
  • 帯広の格安レンタカーを比較・予約
  • オビスイのおいしい宅配弁当 帯広水産食品株式会社
  • 住まいの・星屋
  • 有限会社ウッドライフ
  • おもしろいもったいないオーエムソーラーの家 佐々木建設株式会社
  • 北海道の電化情報ポータルサイト でんポタ
  • 株式会社新生
  • 広告募集